人気ブログランキング |
ブログトップ

COMES A TIME

yoshi59.exblog.jp

日々の雑記(音楽、映画、本、その他)

自分が、本を好きになったきっかけとして思いつくものの最も古い記憶は
昭和30年代後半の光文社カッパコミックスで月刊「鉄人28号」と「鉄腕アトム」です。
各話完結(鉄人は上下が多い)ですが、既に月刊誌「少年」で発表されたものを
まとめたものです。その後に月刊誌「少年ブック」「少年画報」「ぼくら」「冒険王」
、週刊誌「サンデー」「マガジン」「キング」に興味が移っていったと思います。
どちらにしても書店(本屋)に行くのが、本当に楽しみでした。

さて、藤子・F・不二雄大全集「UTOPIA 最後の世界大戦」です。
もちろん、この作品を足塚不二雄名義のリアルタイムで読むことはありませんでしたし、
熱心な藤子ファンでもなかったため、作品の存在を知ったのは少年キングに連載されて
いた「まんが道」でした。それ以来、機会があれば読みたいと思い続け、昨年、小学館
クリエイティブから発売になった復刻版を買おうか、予定されている全集で揃えよう
かと迷い、結果は安いほうにしてしまいました。しかし読み終えた今、復刻版も揃えたい
という気持ちが強くなりました。

藤子両先生の、この作品の製作に賭けた思いは、「まんが道」でも書かれていましたし、
大全集の中でも、藤子不二雄Ⓐ先生の後書きにも掲載されています。
手塚先生の影響を強く受けても、お二人のオリジナリティはこのデビュー作から今日まで
全く変わりありません。常に主人公の少年は、どんな状況でも未来に希望を持ち続けています。
時代を超えて読み続けられ、古さを感じさせない、あの時代のまんがを書き続けた先生方に
本当に感謝致します。

b0287042_12144973.jpg

# by nakaji411311 | 2012-11-04 12:16 | コミック
今年になってから、映画作品の見方が変わってきました。
昨年までは、映画館に行ってまで映画を見ようとは、思わずに
レンタルやTVでみればいいやと思っていました、その通りに公開から半年後
の、1週間レンタルが解禁になるまで待っても気にはならず(見たいと思っても
我慢できた)・・・・ところが今年に入ってからですが、すでに11本(過去12年分くらい)
も映画館で見てきています。   なぜでしょうか。

今はチケットの購入もPCや携帯・スマホで簡単に席まで選べるので便利ですし、
意外と気にいっているのが、映画館の空間で感じる居心地なんです。

会員となっている映画館では客のほとんどが上映中やエンドロールが終わるまで席を立つことがありません。集中して「映画を見る」ことで客は高いお金を払って、2時間程度の時間を自分なりに楽しんでいるのでしょう。ただ自分が行くのは、客も少ないレイトショーです。(1200円)
これから紹介する映画は、公開から数週間が経っていた為、館内は8人しかいませんでした。

そんなことで先週末に見た「ボーン・レガシー」です。
ご存知な方も多いでしょうが、マット・ディモン主演「ジェイソン・ボーン」3部作の同時
進行番外編のような作品です。元々「ボーン」シリーズはDVDレンタルで見て面白かった
為、新作に興味があったのですが、映画館まで見に行く決め手は主演がジェレミー・レナー
だということが大きいです。今、自分の中では注目の俳優さんです。過去の「ハート・ロッカー」
「28週後」「ミッション~ゴースト・プロトコル」「アベンジャーズ」チョイ役でも何でも
印象深く、頭に焼き付いています。ストーリーは・・・・まだまだこれから面白くなるでしょう。
続編に期待です。共演のレイチェル・ワイズも「スターリングラード」や「ハムナプトラ」
の時のイメージがあり科学者としては?ですが・・・まさか続編で・・・死・・・はないですよね。
マニラのバイク追走シーンは迫力があっていいのですが、残念なのは、展開に無理があるのと刺客となる相手がイマイチです。でも映画は楽しめました。
b0287042_19282031.jpg

映画については、もっと書きたいことがあるのでまた次の機会。
# by nakaji411311 | 2012-11-03 19:29 | 映画
「聞かなくなったCDや見なくなったDVDなど捨てる前に〇〇〇へお持ち
ください。」どこかのお店の店内放送でよく聞きます。(・・・読まなくなった本も)

さて、CDやDVD(ブルーレイ)を買い続けている皆さん。現在は膨大なコレクション
に埋もれているのでしょうか。または、最新リマスターや紙ジャケなどグレードがアップ
する度に古いソフトを売ったりして買いなおしているのでしょうか。

自分は、サイフと相談してこの後の出費を考え、泣く泣く中古買取ショップにもって行きます。
特に首都圏の、ある店舗の期間内買取upに度々持参して査定してもらっています。

CD棚から抜き出す時は、何度も自問自答して「レコスケくん(レコード裁判)」状態になり
ます。結果、自分が予測していた査定額以上だと明細書を細かく見ずにOKを出し、家に帰ってか
ら見直すと「えー!!」となってしまうこともしばしばあります。店舗のよって買取金額に差があることと、査定担当者によっても違うのかも知れません。

今年の失敗はクリストファー・クロスの紙が発売後3週間ぐらいで持っていってしまったの
ですが、420円買取でした。(泣)・・・もう今では、手に入りにくい状態です。

話は変わりますが、Bellwood 40th コレクションが10/3に発売になりました。
日本のフォーク/ロックがニューミュージックと呼ばれはじめてきた頃から6年間の
短期間(?)でしたが、確実に新しい若者の音楽を作り出してきました「Bellwood」。

当時の中高生はあまりレーベルがどうということはわからず、ラジオやレコードで
リアルでは六文銭や小室 等を聞いていましたので結局は自分も後追いで「はっぴいえんど」
を聞きました。
b0287042_1803889.jpg

取りあえず、はっぴいえんどのラストアルバム「HAPPY END」と初ソロ「大瀧詠一」
を購入しました。
1972年~73年にかけての、はっぴいえんどが解散が噂されていた時期の両作品
ですが内容は各々、後の日本のポピュラーミュージックに影響を与える息吹を感
じる曲ばかりです。
特に「HAPPY END」はアメリカでのレコーディングでローウェル・ジョージ、ビル・
ペイン参加のリトル・フィートっぽい曲やヴァン・ダイ・パークスとの競作など
前二作とは異なる印象ですが、決して嫌いではないです。

プラケ(1500円)と作品によっては紙ジャケ(2500円)で発売されていますが、自分
はプラケで買いました。最近は紙へのこだわりがなくなっています。安く、よい盤をたくさん
集めたいと思うこのごろです。
# by nakaji411311 | 2012-11-03 18:03 | 新品CD
b0287042_1152474.jpg
会社から帰る途中に必ずといっていいほど、書店やCDショップに寄ります。
NET通販で、本当に欲しいものは予約やその時々で聞きたい、読みたいものを
購入しますが、フラッと立ち寄ったお店で、実物を見て買ってしまうものって
あるんですよね。そこで割引セールでもやっていれば、ラッキーです。

今回は某TSUTAYAの割引セルコーナーにあったCDです。中古で買ってもそんな
に高くはないと思いますが、全て新品50%offでした。

ドナルド・フェイゲン「the nightfly」「kamakiriad」「morph the cat」
グレイトフル・デッド「workingman‘s Dead」「Live Dead」
ジェシ・コリン・ヤング「On the Road」の6枚です。

ドナルド・フェイゲンについては新作「Sunken Condos」も先月に購入していて
今までのソロ作よりも、良くも悪くも70年代Steely Danに近いような気がして
気にいっていました。現在、日本でのツアー中ですが、できればソロでビルボード
あたりで演って欲しかった。他の二人もソロで・・・・

購入したCDですが、今まで所有していたが、過去に売り払ったものの買い直しと
いうことですが、自分の音響機器もたいしたものではないので、高音質CDの
音がどう良くなっているのか、はっきりわかりません。

でも各々が名盤なのは変わりありません。好きなアルバムです。

中には80%引きなどもあり、まだ気になるブツもあったので時間があればよってみます。
・・もうないかな。

そうそうブライアン・イーノの紙ジャケ「アンビエント~」も520円で買えました。
# by nakaji411311 | 2012-11-03 11:54 | 新品CD
b0287042_23363825.jpg
すみません。2日間、更新できませんでした。

あまり素性を明かしていませんが、一応会社員なんです。
どんな仕事をしてるか・・・なんて興味ないですよね。
最初にブログのタイトルを「仕事と趣味は一緒じゃないはず」なんて
本~ッ当につまらない、誰も見向きもしないタイトルで始めようと思ってました。

アトランティック 1000R&B ベストコレクションシリーズ
10/3発売から10枚買ってしまいました。

そのうちの2枚「king curtis 」の「 instant groove」と
「clarence carter 」の「 the dynamic clarence carter 」です。

なぜこの2枚かと・・・・・・そうallman brs のDuane allman
の数多いマッスル・ショールズの名演が収めれているあの2枚なのです。
(1969年秋~70春)

Duaneの「anthology」「anthologyⅡ」を聞いた方はご存知だと思いますが
各々に1曲が収められただけでしたので、ようやくアルバムとして聞くことが
できました。
ん~やはり凄い。言葉にするより聞いてくれ・・です。まだまだ聞き込み不足
なので感想は今度にします。でも買ってよかった。売り切れる前にもっと買おう。
限定盤で買い惜しみをして後悔することが多いので。

このシリーズは他に11/7発売で、MGS関係では「mar-keys」とduaneでは
「otis rush」も購入予定です。
まだまだ、掘り出し物が多くあります。
# by nakaji411311 | 2012-11-01 23:36 | 新品CD