<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日のお届けモノ

本日は2月14日のバレンタインdayという事で、会社で頂いたチョコレートを抱えてお帰りになる御同輩も多い事でしょう。通勤途中でも駅ナカや隣接する洋菓子店など、女性や中には男性も混じって商品を手にしてる光景を見掛けますが、以前に比べれば義理チョコも相手のホワイトdayのお返しが負担にならないよう考えた、一目で義理と判る低額なモノも多くなっているようですね。でも結局はもらえばそれなりのモノをお返ししなければならなくなるような気がしますが…

ところで本日、自宅に届いたモノがこちら
b0287042_22460710.jpeg
自分の為に購入した「ROLLING STONES - ハッピー」缶と「サティスファクション」缶です。中身はこんな内容…

b0287042_23005347.jpeg
おまけがトートバッグ

b0287042_23022022.jpeg
衝動買いです。中身は全部…家族に食べられました。
チョコレートはそれほど好きではありませんが、おまけに釣られてしまったようで。

それとこんなモノも
b0287042_23090683.jpeg
こちらは次の機会に







by nakaji411311 | 2018-02-14 23:10 | 雑記

ポール・マッカートニー紙ジャケ8枚

ポールマッカートニーの紙ジャケが再発されましたが、中途半端感が強くありますね。例のアーカイブシリーズが、紙ジャケ化となったのが基本なのは理解しますが、今がその時なのかなと。そうは言っても作品は素晴らしいものばかりなので嬉しいのですが…じゃあ続きはいつ出るのとツッコミたいところですね。

b0287042_13142513.jpeg
こちらもピンクフロイドの再発同様に前回の紙ジャケ化は2000年頃でしたね。
前回のオビは「バンド・オン・ザ・ラン」までは再発オビだったと思いますが、今回は初回オビを基本にしてい…ます。せん。「ソロ」「ラム」はいったい。アップルはどこ行った。オトナの事情でしょうか。ジョージの紙はいいのか。全てに中途半端感が否めないシリーズになっちゃいましたね。
昨年のポール公演は残念ながら見送りましたが、又、新作を引っさげて来日してもらいたいものですね。

by nakaji411311 | 2018-02-03 14:09 | 新品CD

ピンク・フロイド紙ジャケ&全カタログ購入特典

b0287042_12015820.jpeg
昨年の10月と11月に発売された「ピンク・フロイド紙ジャケコレクション」です。
紙ジャケとしては東芝さんから2000年頃に発売されていましたね。その後、ソニーさんが版権を持たれていた作品も数作品発売され、ほぼほぼ全作品所有していましたが、紙ジャケバブルの頃に全てユニオンさんに引き取って頂きました。(ベスト盤のピンク・フロイドの道と時空の舞踏は今回の復刻は無いのですね)当時買い取り価格が定価の倍ぐらいだったように思いますが、ユニオンさんの特典オビを付けて数万円にはなったようで当時の買い取り明細書が残っていました。
そして性懲りもなく、またまた買ってしまいました。
商品の出来ですが、重箱の隅を突けば何かしらあるのでしょうが、私は大満足です。ソニーさんの価格としては高めの設定ですが、価格に見合った出来だと思います。
そして、一昨日に購入特典として収納ボックスと共に一部の購入客からの要望に応えた「炎のアウターヴィニールのステッカー無し」と「雲の影のステッカー」を別封入で
同封するという対応に感激しています。ソニーミュージックさんの商品に対するプロ意識と、顧客を大切にする姿勢に心打たれました。いい仕事してますね。
もうCDも売れず、紙ジャケもアーチストのカタログを出し尽くしてきたところで、厳しい市場ですが、ソニーミュージックさんには、頑張って頂きたいですね。
どこまでもついて行きます。もといどこまでも買い続けていきます。


by nakaji411311 | 2018-02-03 12:58 | 新品CD

ザ・ビートルズ・ LPレコード・コレクション さらに続く

おはようございます。って現在何時でしょうか?
家庭内のインフルエンザ&風邪の猛威も何とか過ぎ去ったようで…やっと通常の生活サイクルに戻りました。健康の大切さを実感しています。
b0287042_11325614.jpeg
本題ですが、ザ・ビートルズLPコレクション買い続けています。とりあえず、13号の「with the beatles」までは購入でしょうか。問題は以降ですが、最終号まで後、約40,000円の出費は結構痛いですね。しかし中途半端に揃えても、後から欲しい時に手に入らないという事で後悔した事が何度もあったような。でも他に欲しい音盤は山ほどあるし…
今回の「〜For Sale」と「Yellow Submarine」も盤質問題無く、音的にも満足です。
両作とも全カタログの中でも地味な立ち位置の作品だと思いますが、友人から借りて高校生当時はよく聞いたアルバムでした。特にFor Saleのコーティングありにフニャフニャなジャケは印象が強かったのですが、ジョンとポールのロックンロールにビートルズの原点回帰を感じていたのですが、実際は曲を書く時間が無く、カヴァー曲が多くなったのが本当のようで。でもやっぱりビートルズなんですね。素晴らしいです。


by nakaji411311 | 2018-02-03 11:58 | 雑誌