<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

本日の購入中古レコード

何て申し上げればいいのでしょうか。ご無沙汰しています。生きています。相変わらず無駄遣いしています。
約1年近い放置ブログとなっていました。別に生活環境が変わったわけでもなく、仕事も相変わらず大きな変化を伴なう異動となった訳でもないので、ただの怠慢ですね。
グダグダ言ってても仕方が無いので、本日の1枚です。
b0287042_22310473.jpeg
7月に発売されたピンク・フロイドのリマスター盤、ファースト・アルバムの「夜明けの口笛吹き」でございます。ユニオンさんでの中古未開封品で税込み3,400円で購入。
オリジナルなんて見たこともないアルバムですが、LP盤で入手するのは初めてとなります。自分がピンク・フロイドを聴いていた中高生の頃は既に「狂気」の洗礼受けていた為、遡って聴いても「神秘」の頃まで…ギルモアのギターに魅せられていたのも影響してか、チラッと聞いたファースト・アルバムはバンドとしてのイメージが違いすぎる楽曲であり、シド・バレットの印象も名前だけで、興味を持つことはできなかったことを覚えています。そして再び名前を聞くのは、「炎」の日本盤解説の中で「狂ったダイヤモンド」の話題とともに書かれていたシドの当時の状況についてでした。70年にソロ作品と幾つかのギグを行って、姿を消したシド・バレットをその後も音楽誌などで記事を目にすることもありましたが、天才、はたまた狂人と奇行がとりあげられ、都市伝説のようになっていました。おおよそ40年振りに聴いたこのファースト・アルバム、時代背景で特にブリテッシュ系のバンドはデビュー盤とその後の印象が大きく変わる事もあるけど、この1作目はやはり、紛れもなくピンク・フロイドですね。以後の作品よりもポップな感覚は否めないけど、プログレなんていう括りだけでは収まらないスケールの大きなバンドだという事を改めて実感しました。
肝心の再発リマスターについては、どうこう言える立場ではありませんが、不満な音では無いのは確か。
こうなると近日発売の高額アーカイブの映像、音源が非常に興味深いものに感じます。それとこの後、順次発売される作品群も…安価で入手出来たら購入していきます。
それでは…これからはもう少し早め更新していきます。
又、お付き合い下さい。 それと明日は昨年より興味深く映像や音を聴き漁っている
某◯△□ユニットのファイナルに行ってきます。

by nakaji411311 | 2016-09-18 22:38 | レコード