<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

STEELY DAN 『ELLIS AUDITORIUM MEMPHIS APRIL 30TH 1974』

約2ヶ月振りの記事となります。
理由は申しませんが、どうもタブレットからの投稿がまだ不慣れでして、稚拙な文章に誤字脱字が重なり、読み返しては削除を繰り返してしまい、本日まで来てしまいました。…ホントかな

いつものように、仕事の帰りにユニオンさんに立寄ったところ、メンバー会員限定で輸入品・中古品10%offとの事。カードは持っているものの、何の特典があるのかなといつも思っていましたがこれはこれで嬉しいかな。中古品も店舗によっては思わぬ掘り出し物もあるため、久々に棚の隅々まで見渡しました。中古品の中でも中古未開封新品で数点今まで買い逃していたブツがあり、迷った結果1枚だけ購入しましたが、買い残したブツに未練タラタラでした。「迷ったら買え。同じ後悔なら買って後悔すべき」が信条なのですが…
という訳で、衝動買いしてしまったのがこちらのブート感一杯のアナログ盤2枚組
b0287042_22122645.jpg

STEELY DAN 『ELLIS AUDITORIUM MEMPHIS APRIL 30TH 1974』でございます。価格は2枚組で新品未開封の割引で1,580円。
最近は過去の音源発掘からの公式発売が非常に多くなっているように思いますが、ビッグネーム以外は日本盤での発売が望めないのが現状ではないかと。そりゃCDは売れないし、アナログが売れてきたといってもまだまだでしょうから、ネットやリアル店舗の情報で見つけて行くしかないのでしょうね。
さて内容ですが、1974年4月に当時の最新アルバム『Pretzel Logic』の発売に合わせて行われたメンフィス のエリス・オーディトリアムでのライヴ音源となっています。
この頃のスティーリー・ダンはバンドとしては、メンバーの脱退や入れ替えなど、不安定なようでいて、「PRETZEL LOGIC」のような傑作を発表していた頃であり、ライヴもジェフ・バクスターやマイケル・マクドナルドもまだいる中、セッション・ドラマーとして、若かりしジェフ・ポーカロも参加している事など、興味深いアルバムですし、公式な音源としては中々聴くことができない内容だと思います。
音質は想像通りのオーディエンスの会場録音だと思いますが、音以上に演奏の素晴らしさに驚きました。やはり、スティーリー・ダンはホンモノの完璧主義で、ライヴでも、レコードを再演しちゃってるんですね。この時期ルーズにライヴ演奏をしていたバンドなんて山ほどいると思いますが、一味も二味も違う曲者揃いの役者達です。

・・・・生きててよかった。こんなのが聴けるんだから。

STEELY DAN 『ELLIS AUDITORIUM MEMPHIS APRIL 30TH 1974』

SIDE 1
1. BODHISATTVA
2. THE BOSTON RAG
3. DO IT AGAIN

SIDE 2
1. BROOKLINE
2. KING OF THE WORLD
3. BLUES IMPROVISATION
4. RIKKI DONT LOSE THAT NUMBER

SIDE 3
1. PRETZEL LOGIC
2. MY OLD SCHOOL
3. DIRTY WORK
4. INSTRUMENTAL
SIDE 4
1. REELIN IN THE YEARS
2. SHOW BIZ KIDS
3. THIS ALL TOO MOBIL HOME





by nakaji411311 | 2015-07-30 22:26 | レコード