<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ホワイトスネイク 『ザ・パープル・アルバム』

もはや、開店休業状態のブログとなっていますが、お越し頂いている皆様申し訳ございません。まあ、音盤も中古や新譜などそこそこ購入しているのですが、何故か開封すらしていない。話せば長くなるので止めましょう。
そんなネガティヴな状態の中で、旧譜やリマスター盤などに手を出していた自分が、久し振りに一応新録のアルバムを購入して、本日引っ張り出して聞いているのがこちら…
ホワイトスネイクの「ザ・パープル・アルバム」でございます。
b0287042_21591607.jpg
デヴィッド・カヴァーディルがパープルに在籍していた第3〜4期に発表した3枚のアルバムから代表的な曲15曲とミックス1曲がセルフカヴァーとして収録されています。もう40年も前の楽曲なのに、タイトルを聞いただけでこのワクワクする気持ちは何なのでしょう。結局は自分の中でのパープルはこの時代までで、レインボーやホワイトスネイクはチェックするものの、パープルに関しては80年代以降の再結成アルバムやライヴはいかに黄金の第2期メンバーといえども何故か熱くなれず、惰性でアルバムは聞くものの内容など全く覚えておらず、あの武道館公演直前のリッチー脱退なんていうのも「ああ、まだやってたのね。」程度でした。
そんな時、今一度デビカバとリッチーが一緒に演ったらなんて思ってみたものでしたが、なぜかペイジと一緒にアルバム作ったり、来日してライヴを行っても…おいおい、二人とも相手が違うだろ」とツッコミを入れたくもなりました。
そして、あれから十数年が過ぎ、ジョン・ロードも亡くなり、昔の面影も無いディープ・パープルは現在でもアルバムやライヴで活動を行っていますが、70年代のあの輝きを取り戻すに至ってないように思えます。…あくまで私感ですが。
本題ですが、ホワイトスネイクとしては、既に2005年頃のツアーセットリストには「Burn〜Stormbringer」が入っているので、アルバムの頭にこれを持ってくるのは至極当然というべき「紫の炎」から始まりますが…全体印象としては、ホワイトスネイク仕様として難なくまとめたかな感です。全体を通してやはりオリジナルの衝撃というか、ギター小僧を熱くするリッチーの必殺ソロが無いと物足りません。そして気付いたのはグレン・ヒューズの存在感が重要だということ。あの絞りあげる高音とソウルフルなヴォーカルは唯一無二な存在でしょう。ジョン・ロード亡き現在、本当に観たいステージはこの3人かな。ああイアン・ペイスも勿論ですが…
とにかく、このアルバムいろんな意味で楽しめました。リッチーまだかな。

ホワイトスネイク 『ザ・パープル・アルバム』

01. 紫の炎
02. ユー・フール・ノー・ワン
03. ラヴ・チャイルド
04. セイル・アウェイ
05. ジプシー
06. 嵐の女
07. ミストゥリーテッド
08. ホーリー・マン
09. テイク・ユア・ライフ
10. ユー・キープ・オン・ムーヴィング
11. 幸運な兵士
12. レイ・ダウン・ステイ・ダウン
13. 嵐の使者
14. レディ・ラック
15. カミン・ホーム
16. 幸運な兵士(オルタネイト・ミックス)
DVD
『ザ・パープル・アルバム ビハインド・シーン』制作ドキュメンタリー
『ザ・パープル・アルバム EPK』
MV
1. 嵐の女 2. セイル・アウェイ 3. 嵐の使者 4. 幸運な兵士




by nakaji411311 | 2015-05-25 23:02 | 新品CD

コンサート雑記 4月28日『ポール・マッカートニー アウト ゼアー ジャパン ツアー 2015』日本武道館

まさか2日連続でポールのコンサートに行けるとは、夢にも思わず…
b0287042_10493458.jpg
この場に居合わせた殆んどの方が、この構図で写真を撮っていましたね。時にはチケットを手にした背景として、一緒に武道館と本人がこの日、この場に居たという証拠写真のように。また上空には🚁と地上には多くの📺🎥があり、いつものコンサート前とは違う、明らかに異様な雰囲気でしたね。それにしても、武道館に入るまでにあれほど並ばされ、歩かされた経験もないですし、正直言えば…開演前に疲れました。
結局、中に入ったのは19:00近くでしたが、昨日のドームに比べればこのホールの大きさは2階席でも感動するぐらい近く感じます。(いや、実際に近いです。)
ただ、気になるのが時間でした。終演が22:00を過ぎる事は無いと思っていたので、これから開演しても、ドームと同じセットで行われる事は無いと思われ…という事は
①武道館仕様の特別なセット・リスト ②ツアー演奏曲のカットで武道館で演りましたって言うだけの追加コンサート…など期待と不安が交差していました。
b0287042_10495528.jpg
そして待つこと約1時間、ツアー通りのお馴染みのオープニングBGMの終りと共に、会場のポールコールに応えるよう、19:50分過ぎに場内が暗転すると北西のステージ下からポールが姿を現します。実際にポールがステージに立つと結構近いと感じましたが、同時に歓声はピークとなり、いきなり1曲目の「Can't buy me love」で全員総立ちとなります。(私の見えた範囲では)…ドームの末席では立ち上がっている人の方が少なかったですから、会場の熱気は昨日の比では無かったですね。
b0287042_10502304.jpg
この1曲目を聴いた時点で今回のツアーセットとは異なるオープニングということに、何か特別なステージの始まりを感じたのも事実ですが、次の2曲目「Save us」で、やはりツアーの短縮版かと…少々気落ち気味に。
それでも、ドームで感じていた感覚とは違う武道館の雰囲気に、昨日聴いた同じ曲なんですが、ステージに近いという事を抜きにしても、そのライヴの臨場感が圧倒的に違うと感じました。何曲かのサプライズも有りましたが、ある程度想定以内の進み具合なんだけど、2時間程度の短縮版なんだけど、料金も高いけど、座席も狭いし立って手を振れば隣とぶつかるんだけど、限定Tシャツも買えなかったけど、総じて満足できるコンサートだったと私は思います。まあどちらにしても、無事に全公演が終えて+週末の韓国公演も素晴らしかったようでなによりです。(やはり屋外で見たい。)
次のツアーにまた期待ですね。嵐のような1週間でしたが、楽しませて頂きました。
「ありがとう! ポール」…


by nakaji411311 | 2015-05-10 12:10 | コンサート

コンサート雑記 4月27日 『PAUL McCARTNEY OUT THERE TOUR 2015』東京ドーム

b0287042_10452703.jpg
約2ヵ月振りの書込みになります。遅くなりましたが、前回の書込みでも予告していましたポール・マッカートニーの再来日公演に行って来ました。東京ドーム3日目の4月27日(月)でしたが、今回は出来るだけメディアの記事やネットの情報を気にしないようにしていましたが、やはり目に入ってしまい「セットリストは…」や「前回の2013年と比べると…」など雑音に惑わされて、少々テンション低めで会場に向かったのでしたが……15:00頃に後楽園駅を出ると、歩道橋を登る先には目的地がもう一目で判る同年輩もしくは諸先輩の方々の人の波…少しは若い人もいたかな。
b0287042_10455864.jpg
そしてドーム側の歩道橋を降りると、駐車場まえの道路にはポールの会場入を待つファンが、すでに100人ぐらい待機しており、道路向こうにはお馴染みののトレーラーも停車していました。私も入り待ちをしたかったのですが、ヤボ用があるため一度ドームを後にして、再度向かったのが17:30頃でした。まあ、いつもの事ながらS席といっても2階のスタンド席(ポールの時は何時も同じですね。天井が近い)です。
b0287042_10470123.jpg
ねえ、遠いでしょ。何とか自分なりに楽しめればいいかという事で…
そして、コンサート導入部のポールのBGMメドレーが終わる頃には、ほぼ空席も無い状態になり、19:00を少し過ぎてポールの登場となりました。
オープニングは「マジカル・ミステリー・ツアー」…ここからは多くのブロガーの方も書かれていますので詳細は控えますが、前回の公演と大きくセット・リストが変わった訳でもなく、期待ハズレとの声も出ていたようですが、それもそのはず同じ『OUT THERE TOUR』なんですから、過度の期待はしていませんでした。同じツアーでもアルバム「NEW」が発表されたのが、2013年の日本公演直前でしたから新曲が入ると落とされる曲もありますよね。でも「ジュニアズ・ファーム」「ジェット」聞きたかった。でも元気なポールが見られた事が一番ですね。
b0287042_10463225.jpg
スマホで撮影していいとの事ですが、コンサートに集中できなくなるので上手に撮れませんね。ポールではなくラスティが撮れました。
当日は初夏を思わせるような晴天でしたが、思わず昨年の国立競技場前での中止アナウンスを思い出すような暑さを感じる1日でしたね。
んーーやっぱり屋外で観たかった。ウィングス……じゃないポールの「Live And Let Die」の花火。
そして、翌日はいよいよ…


by nakaji411311 | 2015-05-06 18:51 | コンサート