<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ウィル・リー 『ラヴ・グラティテュード&アザー・ディストラクションズ』


 現在も昔も好きなミュージシャンの関わっている音盤は、音楽誌の評価やレヴューなど耳にしないで、自分の耳で確かめるように、必ず購入していますが、この人の音盤もそうです。前にも「24丁目バンド」でご紹介したウィル・リーの20年振りのソロ作です。
b0287042_2584250.jpg

 彼の作品を耳にするといつも感じるのが、ジャンルに捉われず幅広い音楽性とベーシストのソロ作とは思えないほど熱いヴォーカルです。
 今作でも全10曲(少なめ)中7曲で歌っており、前作より更に磨きがかかった歌と乗りのよいベースプレイを聞くと、なぜか安心してしまいます。  
 1曲目の”Gratitude”はウィルのヴォーカルを前面に出したナンバー。②の”Get Out Of My Life Woman”では、なんとZ.Z.トップのビリー・ギボンズをはじめ、アラン・トゥーサンとのファンク・ロック。③はヒュー・マクラッケンとのカントリー・ポップ調な曲。更には④はボブ・ジェームスとのインスト曲。ベース・ラインがまたいいんです。⑦はAOR調なナンバーですが、矢野顕子がヴォーカルで参加してます。透明感のある2人のハーモニーもいいですね。⑨はスティーヴ・ルカサーとスティ-ヴ・ガッド二人のソロが聞きもののナンバーです。⑩はスタンダード曲をウィル流にアレンジなどなど・・・どこを聞いても楽しめます。
 こうして曲だけを聴いていると、あの「24丁目バンド」のライヴを思い出してしまい、サービス精神旺盛なウィルのプレイをもう一度見たくなります。ここ数年では、数回来日してライヴを行なっているようですが、12月に公演があるようなので、時間とお金があればいきたいな・・・・無理か)
 
ウィル・リー 『ラヴ・グラティテュード&アザー・ディストラクションズ』

01. Gratitude
02. Get Out Of My Life Woman
03. Miss Understanding
04. Papounet's Ride
05. Fooled Him
06. Shahara
07. 1,2,3
08. Simple Way To Say I Love You
09. Natives
10. Smile
by nakaji411311 | 2013-07-28 03:00 | 新品CD

クォーターフラッシュ 『ミッドナイト・フラッシュ』

 本日の一番のニュースは、やはりポールの11年振りの来日公演なんでしょうねえ・・
エーそういう私も先程、抽選予約を申し込んだところですが・・・16,500円ですか・・・
 ポールも71才。もう最後かなと考えれば高くない。高くない・・・KISSの武道館も決まったようで・・・12,500円ですか・・・高くない。そう思いましょう。
 11月の公演日程を見ると、アレーー BOZと被った。そうなれば、11/18はBOZで、11/21をポールの第1希望にしました。過去の来日は2002年は見逃していますのでほんとに久しぶりですね。(まだチケット手に入っていないのに) 
 そういえば「オーヴァー・アメリカ」開封していない。

 話は変わりますが、5月に80年代ものの紙ジャケが発売になっていた中から1枚。
b0287042_22432742.jpg

 クォーターフラッシュの『ミッドナイト・フラッシュ』です。1981年発売のデビュー・アルバムですが、①の「ミスティ・ハート」がヒットしたのを覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、紅一点リンディ・ロスのヴォーカル&サックスが印象的なあの曲です。(ギターのマーヴ・ロスは旦那)
 ベスト・ヒットUSAなどでも流れていましたね。最近ではあのトム・クルーズ主演の映画「ロック・オブ・エイジズ」でも使われていたようです。・・・(未見ですが、あまり評判はよろしくないようで)
 私もそんなに思い入れがあったアルバムではなかったのですが、聞いてみてびっくり!!
当時の流行音楽だと思っていたので、①②程度しか聞いたこともなかったのですが、全編でAORのテイストやウェストコースト風な曲、ブルース・ロックな曲などバラエティに富んでいて、気に入りました。
 プロデューサーのジョン・ボイラン(ボストンやリンダ・ロンシュタットを手がけ、イーグルスにも関わったそうですが)の影響が大きいのでしょうが、その縁でティモシー・B、シュミットも参加しています。
 バンドとしてはこの後、2枚のアルバムを発表して解散してしまいますが、その後91年と08年に同バンド名義でアルバムを発表しています。

 しばらくは、ポールのチケット代の為、節約モードで行きますので、新譜のご紹介は少なくなると思いますが、お付き合いください。

クォーターフラッシュ 『ミッドナイト・フラッシュ+2』

01. ミスティ・ハート
02. ミッドナイト・ラヴァー
03. クリティカル・タイム
04. さすらいのヴァレリー
05. トライ・トゥ・メイク・イット・トゥルー
06. ライト・カインド・オブ・ラヴ
07. 悪魔とドライブ
08. 愛は優しく
09. ウィリアムズ・アヴェニュー
10. ドント・ビー・ロンリー (日本盤ボーナス・トラック)
11. ミスティ・ハート (エディット・ヴァージョン) (日本盤ボーナス・トラック)
by nakaji411311 | 2013-07-17 00:01 | 新品CD

ボビー・ウィットロック 『ボビー・ウィットロック・ストーリー』

 何の弁解もございません。さぼっていました。

 前回の更新から、約3週間強も経過してしまいました。そんな間でも来て頂いた方々もいらっしゃったようで・・・申し訳ありません。
 生活的には例の歯科医院への通院も長引きそうだし、別に急ぎの仕事がある訳でもないのですが、出社時間が1時間程早く家をでるようになったぐらいなので、大きな変化はありません。どうでもいいことですが・・・・・

 でもこの散財癖だけは変わらないようで。ということで今回はボビー・ウィットロック 『ボビー・ウィットロック・ストーリー』でございます。
b0287042_023913.jpg

 1972年発表のソロ・デビュー作「ボビー・ウィットロック」と次作の「ロー・ヴェルヴェット」の2イン1での発売です。今頃になっての初CD化(アナログも再発)とは意外でしたが、同じドミノスの中でもクラプトンとの扱いの違いがなんとも。
 ・・・ですが中身は、1曲目の”Where There's a Will ”を聞くだけで スワンプの超1級の名盤であることを証明しています。ギターはクラプトンとジョージ・ハリスンもゲスト参加。他にもデラニー&ボニーやジム・ゴードン、ボビー・キーズ、クリス・ウッド、ジム・ケルトナーなどが熱い演奏を繰り広げています。私自身は3枚目以降のキャプリコーン時代しか聞いてなかったので、新鮮なのですが、懐かしい音に再会した感じです。(クラプトンのソロに近いかな、いやデラニー&ボニーかな)
b0287042_034591.jpg

 それと、今回はユニオンさんで購入しました。特典目当てで・・・でも勘違いしてました。デフジャケが2枚付いてくるものだと・・・ジャケットの表面のコピーだったんですね。
 以前はCD1枚購入でもデフジャケが付いてきましたよね。(トラフィック、クリーム、ソフト・マシーン等)

 次回はこんなに間を空けないで書きます。

ボビー・ウィットロック 『ボビー・ウィットロック・ストーリー』

01. Where There's a Will
02. Song for Paula
03. A Game Called Life
04. Country Life
05. A Day Without Jesus
06. Back in My Life Again
07. The Scenery Has Slowly Changed
08. I'D Rather Live the Straight Life
09. The Dreams of a Hobo
10. Back Home in England
11. Tell the Truth
12. Bustin' My Ass
13. Write You a Letter
14. Ease Your Pain
15. If You Ever
16. Hello L.a., Bye Bye Birmingham
17. You Came Along
18. Think About It
19. Satisfied
20. Dearest I Wonder
21. Start All Over
by nakaji411311 | 2013-07-16 00:05 | 新品CD