<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

フル・ムーン 『FULL MOON』

 久々の「BOOK OFF」ネタです。

 月に1回程度は、「BOOK OFF」で散策しますが、以前ほど”掘り出し物”に遭遇することがなくなりました。価格についても強気な設定になっているものも多く、他の中古店との比較でも以前より大差がなくなってきたような....といっても何故・・・この価格と思うものも少なからずあります。
 
 本日、1枚だけ購入したのがこちらフル・ムーンの1972年作品『FULL MOON』です。
b0287042_2320784.jpg

 フル・ムーンといえば音楽的には、バジー・フェイトンとニール・ラーセン中心の80年代再結成時(AOR+フュージョン)のいい具合にAORにインスト曲を多めにしたフュージョン色が強い音が、当時の流行でしたが、この1作目は72年という時期を考えても、かなり時代を先取りしたサウンドとなっています。
 ここには、後期ラスカルズのような、ブルー・アイド・ソウルにファンキーな、後のジョン・ホール率いるオーリアンズや、ソロでAORの中心となるボズ・スキャッグスに大きく影響を与えた(両人が言っているとのこと)音楽が詰まっています。
 バジーのギターはソロでもバッキングでもジャジーなプレイかと思えばブルージーに。ニールのオルガンも同様に、この後に発表されるソロ2作に大きく影響を与えたと思います。そして、このメンバーで次の作品へと期待しつつ、バジーのヘロイン中毒の為7年を要することとなります。
 正直、バジー=ニール(79年)フル・ムーン(81年)=ワーナー/ロス録音でしか聞いてなかった自分には、ポール・バターフィールド~ラスカルズから離れたバジーとソウル・サヴァイバーズ以降のニールを知りませんでした。が・・・ここにその原点を聞くことができたようです。
 ボートラのインプロもいい味出しています。
 
 2005年発売の紙ジャケ、ボートラ入りですが、中古でも状態はいいと思います。
 こちら250円棚からのお買い上げです。
 
by nakaji411311 | 2013-05-26 23:23 | CD

シー・レヴェル 『荒海』

 休日は、午前中にアナログ・レコードを聞く時間が多くなっています。

 前にも書きましたが、1986年に大半のアナログを処分してしまったのですが(ユニオンさんと友人A君)それでも200枚程度が手元に残っていました。残った音盤を確認してみても、売れ残ったとか、盤に思い入れがあったとかでもなさそうなんですが、中にはCD化されていないタイトルとかもあり、気が向くと聞いています。

 当時は音源といえば、レコードを買うか、友人から借りるか(まだレンタル・レコードもなかった時代)、あとはFMのチェックぐらいでしたね。そんな自分が、高校生の頃一番聞いていたのが、<オールマン・ブラザーズ・バンド>で、デュエインもベリー・オークリーも既に亡くなった後ですが、「イート・ザ・ピーチ」を境に友人達は離れていく中、「ブラザーズ&シスターズ(73年)」や「ウィン・ルーズ・オア・ドロウ(75年)」も好きで聞いていました。

 そんな、オールマンズに、キーボード・プレイヤーとして加入したのが、チャック・リーヴェルでした。もともとキャプリコーン・レコードのアーティストで、アレックス・テイラーやドクター・ジョンのバックでプレイしていました。
 当時のオールマンズは、デュエインがいなくなった痛手もありましたが、音楽性はグレッグとディッキーが中心だったこともあり解散とまではいかず、南部のブルースをルーツにしたスワンプ色から、C&Wやポップ感覚など取り入れたことで、更に音楽性の幅が拡がった時期でもあります。
 そして「ブラザーズ~」からシングル・カットされた”ランブリン・マン”が大ヒットすることで、新生オールマンズがスタートしますが、このときチャックは、まだ20歳だったとのこと。

 チャックといえば、80年代からはストーンズのツアーやジョージ・ハリスンの91年の来日公演などに参加するなど、サポート・ミュージシャンでの活動が多かったようですが、地道にソロ作を発表するなど今世紀に入ってからも精力的に活動を行なっています。   
 そんな、チャックが、オールマンズの1度目の解散(1976年)後に発表したのが、オールマンズのラマー・ウィリアムス、とジェイ・ジョンソンと新たに、ギターのジミー・ナルスと結成したシー・レヴェルのファースト・アルバム『荒海』です。
b0287042_20281734.jpg

 当時、グレッグのソロ作(ライヴと嵐)、ディッキー・ベッツのグレート・サザーンも聞きましたが、一番ツボにはまったのが、このアルバムでした。
 音楽的には、オールマンズの上記2枚に通じる面もありつつ、当時流行っていた、クロスオーバーにファンキーさを融合した・・・そうラリー・カールトン在籍時のクルセダーズ近いような・・・しかし、ステージではギターのジミーはアル・ディメオラを彷彿させるとの評あり。(クルセダーズも70年後期はジョー・サンプルの色が濃かった気がしますが)
 シー・レヴェルでのセカンド・アルバム『Cats On The Coast(1977年)』では、7人編成となりますが音楽性が大きく変わることなく、自分の演りたい音楽を創り上げています。この後も3枚のアルバムを発表しますが、私が聞いたのは2作目まででした。

 その後78年のオールマンズの再結成には参加することなく、同年発表されたサード・アルバムを経て1980年の5作目が最終作となります。
   
by nakaji411311 | 2013-05-26 21:00 | レコード

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpart⑮

 まだまだ、ありますよね。ワーナーさん!期待してます。第5弾!!!

 ということで、アトランティック・R&B第4弾5枚目のカタログご紹介です。まだ続くんですね。
ザ・マーキーズ/ブッカーT.&THE MG'sの『バック トゥ バック』ですが、1967年のヨーロッパ・ツアーの中のパリ、オランピア・シアターでのライヴ録音です。
b0287042_23174943.jpg

 この年の3月から始まった「スタックス/ヴォルト・レヴュー」の模様を収録した作品ですが、ステージの曲順とは異なるアルバム編集となっているそうです。
 アルバムではメンバー紹介から始まり「グリーン・オニオン」へと繋がっていきますが、実際は「レッド・ビーンズ~」で幕を開け、「ブッカー・ルー」・・・ラストが「グリーン~」とのこと。
 ブッカーT.&THE MG'sからホーンを加えてのマーキーズ。どちらにしても、当時の彼らのライヴを目一杯、楽しむことが出来ます。ライヴならではの臨場感とヒット曲満載の選曲。彼らのテクニックを今更、語る必要はありませんが、スタジオ盤とは違った熱いプレイです。(特にクロッパー青年。あーー言葉が見つからない!)こんなの目の前で演られたら失神・・・はしないでしょうが、年甲斐もなく踊りまくるかもしれません(それは気持ち悪い)。それにしても、みんな若い!!(裏ジャケをご覧ください)
b0287042_23181396.jpg

 このライヴは彼らの後に、カーラ・トーマスやサム&デイヴ、オーティス・レディングが登場するなんて、豪華ですよね。
 そしてこのツアーで成功した彼らは、6月にオーティスと共にあの《モンタレー・ポップフェスティヴァル》で凱旋することになります。
 これを聞いたら次は『ヨーロッパのオーティス』しかありませんよね。
 それにしてもこのシリーズ第4弾は初出は少ないものの、名盤が多すぎます。

ザ・マーキーズ/ブッカーT.&THE MG's 『バック トゥ バック』

01. イントロダクション
02. グリーン・オニオン
03. レッド・ビーンズ・アンド・ライス
04. ティク・タク・トウ
05. ヒップ・ハグ・ハー
06. イントロダクション
07. フィリー・ドッグ
08. グラブ・ディス・シング
09. ラスト・ナイト
10. ギミ・サム・ラヴィン
11. ブッカー・ルー
12. アウトレイジ
by nakaji411311 | 2013-05-21 23:22 | 新品CD

サンタナ 《80年代後期~90年》 紙ジャケ3作品

 5月15日をもって閉店となった《NACK5タウン》ですが、前の記事でもご報告しましたが、5/7より50%OFFに更に10%上乗せOFFとなっており、追加購入したのが以下の3枚と他の1枚(次回ご紹介)でした。
 サンタナ『ビヨンド・アピアランス(1985年)』『フリーダム(1987年)』『スピリッツ・ダンシング(1990年)』です。

 サンタナといえば、私たちの世代ではウッド・ストックから始まり、衝撃のファースト・アルバム、「天の守護神」~「ロータス」、70年代中期の「アミーゴ」「ムーン・フラワー」ぐらいまでは夢中で聞いていた覚えがあります。しかし、80年代の「ジーバップ」あたりから聞かなくなり、正直、この頃のサンタナは全く聞いたことがなく、今回がいい機会になりました。
b0287042_15265276.jpg
 
 まずは『ビヨンド・アピアランス(1985年)』ですが、ジャケットからまず70年代初期を彷彿させる、精神的、宗教的な仏像や民族をコラージュしたもの。アルバム自体が反戦や人類平和をテーマにしているとのことですが、サンタナのプレイは相変わらず、エネルギッシュでトーンの効いたフレーズはまさにサンタナ・サウンド。ヴォーカルのグレッグ・ウォーカーとアレックス・リジャートウッドもなかなかいい組み合わせだと思います。
b0287042_15271510.jpg

 次に『フリーダム(1987年)』は、かのバディ・マイルズとの再演となります。ファンク・ビートとラテン・リズムに更には打ち込みまで入れた渾身の1作となっています。④の泣きのギターはさすがサンタナという1曲。前作よりも更に、反戦や世界平和を訴える曲は⑧⑩に色濃く出ています。何か70年初めに回帰したような印象を受ける作品ですが、ジャケットのサンタナが着ているTシャツのボブ・マーレーも彼の主張なのでしょう。
b0287042_15274229.jpg

 最後に90年発表された『スピリッツ・ダンシング(1990年)』ですが、米コロンビアでの最終作となります。メンバー的には前作とほぼ変わらないようですが、ウェイン・ショーターやボビー・ウーマック等が参加してます。曲はジョン・コルトレーンやジミ・ヘンドリックス、インプレッションズ、アイズレー・ブラザースなどの名曲をカヴァーしています。このアルバムも強烈なファンク・ビートとラテン・リズムが融合して他人の曲でも、カルロスのギターと判るほど、彼のギター・スピリッツは不変です。この後、サンタナ最大のヒット・アルバム『スーパー・ナチュラル』に繋がっていくのでしょう。

 偶然、出会えたアルバム3枚でしたが、聞けてよかった。・・・購入価格1枚800円ですから・・・
by nakaji411311 | 2013-05-20 00:01 | 新品CD

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpart⑭

ロバータ・フラックの5枚目のアルバム『やさしく歌って<Killing Me Softly>』(1973年)です。
b0287042_12145789.jpg

 全米No1、ビルボード5週No1、1973年度年間ランキング8位、グラミー受賞などロバータ最大のヒット作です。今でも世界各国で多くのアーチストにカヴァーされている表題曲ですが、元々はドン・マクリーンの曲に女性シンガー、ロリ・リーバーマンの詩でのオリジナルを、飛行機内でロバータが聞いて気に入り、アレンジしたもの。後に日本ではネスカフェのCMにも起用されて有名になりました。
 他にもジャニス・イアンの「JESSE」やレナード・コーエンの「SUZANNE」などシンガー・ソング・ライターの作品を多く収録しています。
 ソウルの中にもジャジーな雰囲気を持っていた1~2作でしたが、その傾向が更に強くなった作品が今作だと思います。優しく奏でられるピアノと静かに音を刻むロン・カーターのベースに思わず目を閉じて聞き入ります。
 初めて聞いたのは当時の洋楽ヒット・チャートだったと思いますが、ずーっと心に残り、電子ピアノのイントロを聴いただけで、いつでもあの時代の風を運んできてくれます。
 名盤に出会ったとき、素人が評じる言葉なんて何も無いのですが、ただ...このひとつひとつ音の組み合わせが、感動を与えてくれる喜びに感謝します。
 実はこの曲の痛い思い出が自分にはあり、90年代に連日、湯島天神の近くで飲んでいた時に、あるお店で外国の方とデュエットをしましたが、友人に一斉にどん引きされました。ですが、それ以降も懲りずにいつも歌っていたと・・・空気が読めないのは、今も昔も同じようです。・・・・残念

ロバータ・フラック『やさしく歌って<Killing Me Softly>』(1973年)

1. Killing Me Softly With His Song
2. Jesse
3. No Tears (In The End)
4. I'm The Girl
5. River
6. Conversation Love
7. When You Smile
8. Suzanne
by nakaji411311 | 2013-05-19 12:16 | 新品CD

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpartXⅢ

アトランティックR&B格安1000円音盤シリーズの続きですが・・
予告通り、第4弾から<ロバータ・フラック>のセカンド・アルバム『第2章(Chapter Two)』です。
b0287042_10582960.jpg
 
 こちらのアルバムは、前作「ファースト・テイク(69年)」の翌年に発表された作品ですが、前作同様にダニー・ハサエウェイの「ゴーン・アウェイ」やボブ・ディランの「JUST LIKE A WOMAN 」、ジミー・ウェッブの「愛を信じて」などスローなナンバーが多く収録されています。
 1作目同様にロバータの歌声は優しく、時に強く響いてきます。メッセージ性の強い曲(プロテスト・ソングと言われている)が多いのですが、70年代初頭のアメリカ国内における時代背景を大きく受けていたのでしょう。当時、ミュージカル《ラ・マンチャの男》でヒットしていた「叶わぬ夢」も収録されています。バックで演奏しているのも、ダニーをはじめエリック・ゲイル、チャック・レイニー、キング・カーティスなどなど。またモノクロのジャケ写真もロバータの虚ろな表情が秀逸な1枚です。
 次の作品は71年発表の『クワイエット・ファイアー』ですが、なぜか今回のシリーズでは見送られています。・・・何度でも言いますが、1000円シリーズで古くも新しい音盤との出会い、ワーナーさんに御礼を言います。 あっ・・名盤探検隊もありがとうございます。それに、なにかフォーエバーも安価で出していただけるとか・・・

ロバータ・フラック『第2章(Chapter Two)』

1. Reverend Lee
2. Do What You Gotta Do
3. Just Like A Woman
4. Let It Be Me
5. Gone Away
6. Until It's Time For You To Go
7. The Impossible Dream
8. Business Goes On As Usual
by nakaji411311 | 2013-05-19 10:59 | 新品CD

エルヴィス・プレスリー 『アロハ・フロム・ハワイ』 レガシー・エディション

 10月から始めた当ブログも、今回の記事で100本目となります。
ご覧頂いてる皆様、お買い物ご紹介ブログをいつもありがとうございます。いっつも稚拙な内容で、すみません。
 昨日、予告させて頂きましたロバータ・フラックは次回にさせていただきます。
本日は、私が中学生時代に、洋楽に魅せられる大きな要因となりました1枚のご紹介です。
b0287042_03994.jpg

 エルヴィス・プレスリーの『アロハ・フロム・ハワイ』レガシー・エディション40周年記念盤です。時は1973年1月14日、洋楽かぶれのガキが1人。茶の間のテレビを独占して衛星生中継をドキドキしながら待っていました。周りの洋楽ファンのガキ共は、エルヴィスに興味を抱く者は少なく、当日騒いでいたのは、前にも書きました質屋のK君と柔道部のS君と自分だけ。実際に動くエルヴィスを見るのは「オン・ステージ」「オン・ツアー」と60年代の諸々の青春映画程度ですから、画面の中とはいえ、生で動くエルヴィスには興奮しました。と思いつつ、茶の間で家族がみんな見ている前での、例の、お馴染みの、ファンサービスには歌を聴く以前になぜかチャンネルを替えたかったのは、まぎれもない事実です。
 1時間30分程度の番組でしたが、「ツァラトゥストラはかく語りき」のテーマからラスト曲の「好きにならずにいられない」まで、他のアーチストのカヴァーや自身のヒット曲を24曲、ノンストップで聞かせてくれます。
 写真のアナログは、コンサートの翌2月に緊急発売されたもので、解説はポスターの裏に湯川、福田両氏のこのコンサートとは関係ない内容で記載されています。(コンサートからライヴLP発売まで1ヶ月なんて考えられませんよね!)数ヶ月後には、解説もジャケも価格も違う正規盤も発売されます。
 そして写真のもう1枚は、2000年に発売された紙ジャケです。こちらはジャケの作りは、緊急盤ではなく正規盤の復刻のようです。(中央のエルヴィスがくり抜かれている。)
b0287042_0394527.jpg
 
 最後の1枚が今回発売されたレガシー盤です。音盤的には未発表曲として、アメリカでの放送用音源5曲がボートラとなっています。またDISC1は1/14録音とDISC2は1/12のリハーサル音源という内容です。できれば、昨年発売された「イン・ニューヨーク」のような秘蔵映像なんてあればもっと嬉しかったのですが、現在、このタイミングで聞くことで、エルヴィスを再認識できたことに感謝します。
 今思えば、エルヴィス70年代の人気のピークであり、また最後の輝きを放っていた貴重な記録です。
レガシーエディションも70年代中盤まで来ると、このシリーズも残り少ないのかな・・・なんて感傷的になります。
by nakaji411311 | 2013-05-18 00:42 | 新品CD

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpartXⅡ

 続きます!! 
ドン・コヴェイ&ジェファソン・レモン・ブルース・バンドの「ザ・ハウス・オブ・ブルー・ライツ」です。
b0287042_041151.jpg

 前回までに発売された、「マーシー、マーシー」や「シー・ソー」に続くアトランティックでの3枚目ですが、同レーベルでの最終作でもあります。60年代後半におけるアトランティック・ソウルの中でもギター・バンドのスタイルでBooker T. & The MG'sやバーナード・バーディーをバックに歌うドン・コヴェイ。ミック・ジャガーが影響を受けたとか、ジミ・ヘンドリックスが数曲弾いているとか。アレサ・フランクリンに提供した曲がグラミーを受賞したとか。とか。いろいろとソウルだけではなく、ロックへの影響も大きかったようですね。
 そんなドン・コヴェイが、69年に発表したのが今作です。69年のアメリカといえば、ウッドストックの年であり、ブルース・ロックも隆盛の時代ですが、ニューヨークでジョン・ハモンドらと結成したのが、こちらのジェファソン・レモン・ブルース・バンドでした。
 
 アルバムは1曲目から、ギターの神様でお馴染みの「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」です。シンプルな演奏ながら、ドンの熱い歌声がブルースを感じさせます。2曲目の「マッド・ドッグ・ブルース」はアップ・テンポなブルース・ナンバーですが、歌はまさに”転がる石”のヴォーカルですね。前2作と同じです。他にもジャジーなフルートやシタールを使った曲など オリジナルを含めて、全11曲。
 ブルース・アルバムとは言いきれない、なんともユニークで不思議な作品です。
 でも聞いていてドンの声が心地よく感じるのは・・・癖になりそうです。

さて続いてロバータを聞きましょうか。

ドン・コヴェイ&ジェファソン・レモン・ブルース・バンド / ザ・ハウス・オブ・ブルー・ライツ

01. キー・トゥ・ザ・ハイウェイ
02. マッド・ドッグ・ブルース
03. ザ・ブルース・ドント・ノック
04. ブルース・エイント・ナッシン・バット・ア・グッド・ウーマン・オン・ユア・マインド
05. ザ・ハウス・オブ・ブルー・ライツ (パート1)
06. フォー・ウィミン
07. ステディ・ローラー
08. ホームメイド・ラヴ
09. バット・アイ・フォーギヴ・ユー・ブルース
10. シャット・ユア・マウス
11. ザ・ハウス・オブ・ブルー・ライツ (パート2)
by nakaji411311 | 2013-05-17 00:05 | 新品CD

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpartXI

 好評のアトランティック 1000R&B ベストコレクションも既に第4弾が発売され、そこから10枚程購入しました。
 しかし、やっちまいましたね。NETで注文しましたが同じタイトルを・・・2タイトルほど・・・重複で。
 購入してから3週間ぐらい経過しましたが、マーキーズと本日ご紹介するソウル・サヴァイヴァーズのセカンド・アルバム『テイク・アナザー・ルック』でございます。これから購入先と交渉致します。
b0287042_10372476.jpg

 ソウル・サヴァイヴァーズは60年代後半にインガイ兄弟を中心にニューヨークで結成された、「ブルー・アイド・ソウル」のベースレス・バンドです。(ラスカルズと同じ)。数年前にはソニーミュージックからサード・アルバムが発売されていたので、こちらの方を先に耳にしていました。(きっかけはニール・ラーセンが参加していたため聞いたが、こちらも素晴らしい!!)
 で・・・セカンドの方ですが、噂通りの名盤ですね。私の購入理由はいつもの「デュエイン・オールマン」からみですが、それはそれでいいのですが、アルバム全体を通して白黒関係なく、まさにソウルです。正直、注文した後デュエインのBOXに同テイクが収録されていることが判り、興味が薄くなっていましたが、買って正解。いまのところ第4弾イチオシです。
 特に①④⑤⑦⑧⑨は都会的な中に南部の匂いを感じる、名曲!必聴です、・・・・ファーストが聞きたい!!

ソウル・サヴァイヴァー 『テイク・アナザー・ルック』

01. ファンキー・ウェイ・トゥ・トリート・サムバディ
02. ベイビー、プリーズ・ドント・ストップ
03. ジェシー
04. ママ・ソウル
05. ダークネス
06. ウィ・ガット・ア・ジョブ・トゥ・ドゥ
07. キープ・ユア・フェイス、ブラザー
08. テル・ダディ
09. ガット・ダウン・オン・サタデイ
10. ゴー・アウト・ウォーキング
11. ターン・アウト・マイ・ファイア  
by nakaji411311 | 2013-05-11 10:38 | 新品CD

NOBODY 『NOBODY』

 レコードを聴き始めると止まりません。

b0287042_3593237.jpg

 80年代前半に日本のバンドで「NOBODY」をいつも聞いていました。
洋楽一辺倒だった自分には、日本のブルース・ロックではクリエイション、プログレといえば四人囃子ぐらいしか聞いていませんでしたが、82年に発表された「NOBODY」は60年代のマージー・ビートに影響を受けた全編英語歌詞のアルバムがなんとも懐かしく新鮮に聞こえ、リピートで聞いていました。
 後から、矢沢永吉のキャロル前の音楽仲間であり、キャロル解散後は矢沢のバンド・メンバーとして参加していたり、多くのミュージシャンや80年代アイドルに楽曲を提供していたと知りましたが、今聞いても楽曲のストレートなかっこよさが伝わってきます。

 アルバム歌詞の合間に書かれている言葉がまた・・・
「最初に買ったLPは”THE KINKS HITS ”高校のとき毎朝B面を聞いてから出かけてった”TOO MUCH MONKEY BUSINESS"のとこで必ず針がとんだっけ」「ギターはテネシアンとカントリー・ジェントルマン チンケな音っていいよな」「マージー・ビートってパンクよりパンクだったし、ニュー・ウェイブよりニュー・ウェイブだった。マージー河のフェリーってまだあるのかな」etc

 アン・ルイスの「六本木心中」や「ああ無情」の作曲や吉川晃司の「モニカ」浅香唯の「セシル」なんかも作っていましたが、このアルバムはそういったPOPチューンとはちょっと違った、彼等のセンスの良さと何度でもいいますが“とにかくかっこいい”......
 

 
 
by nakaji411311 | 2013-05-06 04:01 | レコード