<   2013年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpartⅨ

 またまた、「アトランティック1000R&Bベストコレクション」の第3弾から2枚を入手しました。
 第1~第2弾では発売されていなかったアレサ・フランクリンやロバータ・フラック、ダニー・ハサウェイも無事に最新リマスタリングで発売され、更に充実したライン・アップです。
 また、前回同様に日本初CD化が46枚、世界初CD化が16枚というレアな音盤も多数あり、CDが売れない時代にこうした低価格で提供してくれるワーナーさんには感謝します。
b0287042_183870.jpg
 
さて、今回の1枚目は前回から追い続けているブッカー・T&MG`sのサード・アルバム「アンド・ナウ!」(1966年)日本初CD化作品です。
 ベースのドナルド”ダック”ダンが前任のルイに代わり、加わっての全編を録音した初アルバムとなります。ブッカー・Tのピアノが中心の1曲目「マイ・スウィート・ポテト」からスタンダード・ナンバー「センチメンタル・ジャーニー」まで、MG`sの重厚なサウンドが展開されています。カヴァー曲も多いですが、そこは自分たちのアレンジといつものグルーヴ感に彼らのオリジナリティを感じます。
 ここまで彼らのアルバムを揃えてくれば、なんとか70年代のタイトルも発売して頂きたいと思っています。

 続きまして、このシリーズでの発売を心待ちにしていた、ロバータ・フラックの作品からデビュー・アルバムでもある、「ファースト・テイク」(1968年作)です。
b0287042_1833461.jpg

 こちらのデビューアルバムも前回の当ブログにて取り上げた、ダニー・ハサウェイ同様に、クラシックやジャズを含めた音楽性と曲の魅力に圧倒されています。ソウルという枠組みでは結して収まらない中でも、1曲目の「コンペアド・トゥ・ホワット」はロン・カーターのベースを軸にピアノとホーンが絡み、ジャジーな演奏にロバータのヴォーカルが絶妙な1曲です。2曲目も異質なメキシカンな1曲で詩も原語で歌っています。そして3曲目は、学友ダニー・ハサウェイの「アワ・エイジス・オア・アワ・ハーツ」を取り上げ、しっとりと心情豊かに聞かせるラヴソングとなっています。
そして、1972年にヒットしたクリント・イーストウッドの監督作品「恐怖のメロディ」の挿入歌であり、ロバータの代表曲ともいわれる「愛は面影の中に」などなど・・・
実にバラエティな構成となっている1枚です。
続く「第2章」「やさしく歌って」は第4弾で発売されますが、楽しみです。おっと・・
その前に、ダニーとの共演も発売になっているので要チェック!!
 
 
by nakaji411311 | 2013-03-24 18:07 | 新品CD

アトランティック 1000R&B ベストコレクションからpartⅧ

 アトランティックR&B ベストコレクションの第3弾50タイトルが発売されました。
今回も気になるタイトルが数枚あり購入しました。
b0287042_15531283.jpg

 まずは、ダニー・ハサウェイのデビュー作『新しきソウルの光と道(everything is everything)』(1970年作)ですが、この完成度は素晴らしいです。
 1曲目の「everything is everything」から、ジャジーなベースで始まり、ホーンやオーケストラを交えたソウルフルなナンバーに圧倒され、2曲目の「JE VOUS AIME」の艶やかなヴォーカルに感動しました。5曲目のジャム曲「SUGAR LEE」のグルーヴ感や、もう下手な言葉もいらない「THE GHETTO」等、大袈裟かもしれませんが、70年当時にこの音を聞いていたらブッ飛んでいたでしょう。(いや、その前に何が凄いのかもわからないでしょうが・・・)
 今まで、「ダニー・ハサウェイ・ライヴ」のみしか聞いたことがありませんでしたが、ダニー・ハサウェイの素晴らしさを再確認できた1枚です。2枚目以降も要チェックですね。
b0287042_15533287.jpg

 そして、もう1枚は『ギター・スリム アトコ・セッションズ』です。
ギター・スリムことエディ・ジョーンズが、アトコに残した録音を編集したアルバムです。
 あまり、聞き覚えの無いタイトルかと思いますが、私が昔、ブルースのアルバム収集に嵌っていた時に探していたのが、彼のアルバムでした。
「ザ・シングス・ザット・アイ・ユースト・トゥ・ドゥ」が、54年のR&Bチャート年間1位となる大ヒットとなり、当時の派手なパフォーマンスは伝説になっているとの事です。アトコ時代では大きな輝きはなく、10年にも満たない活動期間の晩年は淋しい限りですが、ブルース界に強い影響を与えたブルースマンの軌跡となる1枚です。

第3弾に続き、4月には第4弾も発売になりますが、メジャーなタイトルも多く出ますので、限られた予算で厳選して購入したいと思います。
by nakaji411311 | 2013-03-20 15:55 | 新品CD

ジミ・ヘンドリックス 『ヘンドリックス・イン・ザ・ウエスト』

 音楽ショップサイトによりますと、ウィングスの映画「ロック・ショウ」がブルーレイ&DVDで発売になるようですが、違った情報筋によれば、同時期にウィングスの「ウィングス・オーヴァー・アメリカ」もCDで発売予定のようです。(あくまでも予定です。国内盤は価格3,800円だけ?)
 気になるのは、過去発売のものとの収録内容などの違いや、仕様が異なるデラックス盤なども、発売されるのかなどなど・・・次の情報を待ちましょう。
 どちらにしても、ウィングスのピーク時の映像と音盤に期待しましょう。
b0287042_12442877.jpg

 さて、2011年10月に発売になった、ジミ・ヘンドリックスの『イン・ザ・ウエスト』を先日、購入しました。
 今回の新作が発売されたタイミングで、過去のカタログ整理をしていた時に、既に発売されていたことが判りました。この作品は、自分が初めてレコード購入したジミヘンのライヴ盤だったこともあり、内容の素晴らしさは知っていましたので、再度聞きたい衝動に駆られて探していました。(アナログは1986年にユニオンさん行き)
 そして、たまたま立ち寄ったTOWER北戸田店にて見つけ購入しました。・・・購入して聞いてみたのですが、アナログ時と収録内容が違うのに気付き、いろいろと調べてみますと版権の問題や編集の違いなどがあり、聞き方によってはアナログ時とは別ライヴのように感じます。
b0287042_12453142.jpg

 しかしながらジミの演奏と音に関しては、期待通りの出来であり、聞きなれたテイクはあの時のまま。追加曲は3曲ですが、実況録音盤としては素晴らしい内容ですのでお勧めの盤です。
 ジミの演奏は、映像でも「バークレー」や「ウィンターランド」など活動期間の割に多くが残っていますので、併せて鑑賞することで偉大な軌跡を振り返るこでができます。
 
 死後42年を過ぎても、時代を超えて感動させてくれるジミ・・・生涯聞き続けます。


ジミ・ヘンドリックス 『ヘンドリックス・イン・ザ・ウエスト』

01. The Queen
02. Sgt. Pepper s Lonely Hearts Club Band
03. Little Wing
04. Fire
05. I Don t Live Today
06. Spanish Castle Magic
07. Red House
08. Johnny B. Goode
09. Lover Man
10. Blue Suede Shoes
11. Voodoo Child (Slight Return)
by nakaji411311 | 2013-03-17 12:47 | 新品CD

デイヴィッド・ボウイ 『ザ・ネクスト・デイ』

b0287042_19461121.jpg

 デイヴィッド・ボウイ、御年66歳の10年振りの新作「ザ・ネクスト・デイ」です。
今年の1月にリリースされたシングル曲「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」から2ヶ月、ニュー・アルバムがついに発売!!となりました。
 デイヴィッド・ボウイの新作と聞けば、魔法の言葉のように・・・・・・(70年代活躍したアーチストの作品は全てに感じる)、気になる存在ですが、何時ごろからか(おそらくティン・マシーンの頃)疎遠になっていました。

しかし、今作品は70年代後半の匂いを感じており、大いに期待しておりました。
まず、ジャケットですが、もうご存知のように、「ヒーローズ」のアートに白塗りの紙にタイトルだけの驚きのジャケですが、ヒーローズとの直接的な関連は無いとの事。但し、プロデューサーは当時のトニー・ヴィスコンティ「ロウ」「ヒーローズ」「ロジャー」と同様です。
 現在発売されている音楽各誌によれば、ベルリン3部作(上記)との繋がりを記事にしているものが多いようですが、やはり、この時代の作品の評価が高いのですね。そういう私もこの3作品は好きな作品です。

 時に、《デイヴィッド・ボウイ》といえば、私たちの世代では時代の寵児であり、時代の先駆者的?なイメージがあり、グラム・ロックと呼ばれていた頃は、音楽性よりもそちらが先行していた気がします。(正直、あまり聞いていませんでした。)・・・が、しかし1975年発表のアルバム「ヤング・アメリカン」の頃から、ファンク・ビートを取り入れたり、「スティション・トゥ・スティション」でもR&Bをボウイ流に作り上げた音で興味を持ち始め、70年後半の上記3作に出会うわけです。この頃からボウイの新作への期待感は大きくなっていったことを覚えています。そして80年代には、「スケアリー・モンスターズ」を経て、ナイル・ロジャースをプロデューサーに迎え、大ヒットした「レッツ・ダンス」を発表したり、映画やコンサート、日本ではCMにまで出演して大人気でしたね。
b0287042_19463751.jpg

 さて、今作ですがボーナス・トラックを入れて全18曲が収録されており、オープニングの「ザ・ネクスト・デイ」からロック色全開です。全体的には、70年代後期の曲群に通じるものを感じつつ、いい意味で散漫であり、若々しさを感じる構成になっています。(コンセプトよりもやりたいことを並べたよう)私にとっては、予備知識を何も入れずに聞いて、全てにおいて嬉しい誤算です。

ジャケットのオマージュの回答はこれだったのかなんて、自分で納得してしまうほど今作は気に入りました。一時は引退とか音楽意欲はもうない、新作なんて想像もできないと思っていましたから、この力強さは、まだまだボウイは終わらないことを示してくれました。

この作品をもっともっと味わって、早いですが次回作にも大いに期待しましょう。

「本当に《デイヴィッド・ボウイ》が還って来ました。」・・・恐るべき66歳です。


デイヴィッド・ボウイ 『ザ・ネクスト・デイ』(デラックス盤)

01. ザ・ネクスト・デイ
02. ダーティ・ボーイズ
03. ザ・スターズ
04. ラヴ・イズ・ザ・ロスト
05. ホエア・アー・ウィ・ナウ?
06. ヴァレンタイン・デイ
07. イフ・ユー・キャン・シー・ミー
08. アイド・ラザー・ビー・ハイ
09. ボス・オブ・ミー
10. ダンシング・アウト・イン・スペース
11. ハウ・ダズ・ザ・グラス・グロウ?
12. セット・ザ・ワールド・オン・ファイア
13. ユー・フィール・ソー・ロンリー・ユー・クッド・ダイ
14. ヒート
15. ソー・シー(デラックス盤のみ収録)
16. プラン(デラックス盤のみ収録)
17. アイル・テイク・ユー・ゼア(デラックス盤のみ収録)
- Bonus Tracks -
18. ゴッド・ブレス・ザ・ガール(日本盤ボーナストラック)
by nakaji411311 | 2013-03-16 20:04 | 新品CD

ジミ・ヘンドリックス 『ピープル、ヘル&エンジェルス』

ジミ・ヘン奇跡の新作!と聞けば、魔法の言葉のように興味をそそられる自分ですが、詳細に曲名だけ見れば、既に発表されているものと同一で、未発表音源の編集アルバムというのは発売前からわかっていました。
b0287042_10383770.jpg

基本的な版権がジミの遺族の手に戻って15年あまりで、『ファースト・レイズ・オブ・ザ・ニュー・ライジング・サン』や『サウス・サターン・デルタ』『ヴァリーズ・オブ・ネプチューン』などが未発表音源やリマスターされた新作として発表されてきましたが、今作も同様です。
『ファースト・レイズ~』が編集アルバム「クライ・オブ・ラヴ」(1973年)の修復盤であったように、今作は「クラッシュ・ランディング」(1975年)での収録曲などのでの修復が大きなテーマとの事。曲の多くはアレンジも違っていたり、エクスペリアンスやバンド・オブ・ジプシーズなどのトリオと違った編成で、ヴォーカルを旧友のロニー・ヤングブラッドが努めた曲「レット・ミー・ムーヴ・ユー」(No.5)やスティーヴン・スティルスがベースを弾いている「サムホエア」(No.2)など・・・1969年~70年8月に掛けて録られた音源がほとんどですが、実験的な試みのようにジャジーな曲やよりファンキーな曲をプレイしていることなど、ジミがこれからの展開や方向性を模索していた頃のようです。特に「モジョ・マン」(No.11)の録音などを聞くと、この一月あまりあとでの突然の死など想像もできなく複雑な気持ちです。
b0287042_1038534.jpg

最初に聞いたエクスペリアンスのファースト・アルバムの衝撃には程遠い印象の作品ですが、死後40年以上も経ってからでも多くのギタリストに影響を与え、多くの音楽ファンを楽しませてくれるジミ・ヘンはやはり偉大です。

発掘シリーズはまだまだ続きそうですね。

ジミ・ヘンドリックス / ピープル、ヘル&エンジェルス

01. Earth Blues
02. Somewhere
03. Hear My Train A Comin'
04. Bleeding Heart
05. Let Me Move You
06. Izabella
07. Easy Blues
08. CrashLanding
09. Inside Out
10. Hey Gypsy Boy
11. Mojo Man
12. Villanova Junction Blues
by nakaji411311 | 2013-03-10 10:39 | 新品CD

トム・トム・クラブ 『ダウン・タウン・ロッカーズ』

♪ナ、ナーナナ、ナナーナ・・・ヴェルヴェット~、モダン・ラヴァーズ~、ドールズ~今も大好き、ダウン・タウン・ロッカーズ♪  
60~80年当時のニューヨークのダウン・タウンにいた音楽家達は革新的だったとリスペクトする曲から始まる、トム・トム・クラブの12年振りの新作でございます。
b0287042_0553516.jpg

80年代のクラブ・ミュージックシーン(当時はディスコ?)でヒットした、トーキング・ヘッズのクリス・フランツとティナ・ウェイマスの夫婦プロジェクトですが、トム・トム・クラブといえば「おしゃべり魔女」というぐらい、当時の母体であるトーキング・ヘッズより、若者の間では知名度が高かった印象があります。(実際、アルバムやシングルも売れていた。)
発表した作品は4作ですが、国内盤では1作目と今作以外は入手しずらい状況のようです。
トーキング・ヘッズの音楽は好みの別れるとこですが、最初は食わず嫌いて敬遠していた頃もありましたが、「リメイン・ザ・ライト」あたりから好んで聞いています。

バンドの特徴である、変則的なリズムと脱力感を伴う、不思議なヴォーカルは今も健在です。思わず口ずさんでしまうメロディとファンキーなティナのベース、クリスのドラムは相変わらず心地よく、このアルバムは曲数からすれば、5曲程度のミニ・アルバムですが、別ミックスやインストゥメンタルなどの別ヴァージョンによって、全15曲が収録されたフル・アルバムとなっています。

トーキング・ヘッズといえばデヴィッド・バーンの世界という印象なのでしょうが、この二人のリズム隊は、やはり欠かせない存在ですね。

しばらくは、繰り返し聞きそうです。


トム・トム・クラブ /ダウン・タウン・ロッカーズ

1. ダウンタウン・ロッカーズ
2. ウォント・ギヴ・ユー・アップ
3. あなたはロックンロール
4. アントニオにキッス!
5. スウィーツ・トゥ・ザ・スウィート
6. ダウンタウン・ロッカーズ (エド・ステイサム・イー・ダブ・ミックス)
7. ダウンタウン・ロッカーズ (アーサー・ベイカー・スーパースターDJ・ミックス)
8. アントニオにキッス! (エントロ&ジンセン・ショート・ミックス)
9. アントニオにキッス! (DJラテン・ビットマン・ミックス)
10. 恋のカセット・テープ (日本盤ボーナス・トラック)
11. ウォント・ギヴ・ユー・アップ (インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
12. あなたはロックンロール (インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
13. アントニオにキッス! (インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
14. スウィーツ・トゥ・ザ・スウィート (インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
15. ダウンタウン・ロッカーズ (インストゥルメンタル) (日本盤ボーナス・トラック)
by nakaji411311 | 2013-03-08 00:59 | 新品CD

ディープ・パープル 『ライヴ・イン・カリフォルニア・ロング・ビーチ・アリーナ 1976』

 日曜日は、またまた高田馬場へ・・・目的はCDショップ「ムトウ」さんです。
先週の水曜日に数枚購入したタイトルをご紹介しましたが(まだ未聴です)、まだ気になる作品があったので、売れ残っていれば・・・と思って入店。
 開店が12:00からなのですが、客もパラパラで売れ筋もほとんど無いような感じですが、時間もあるのでじっくりと散策した結果、6枚の購入となりました。
その内の1枚がこちらです。
b0287042_0324229.jpg

ディープ・パープル 『ライヴ・イン・カリフォルニア・ロング・ビーチ・アリーナ 1976』です。
発売が2008年ですから、もう5年前に発売になったCDです。中古でも手に入るし、決して珍しいアルバムでもないですが、やはりトミー・ボーリン期のパープルは押さえて置かなくてはと思い購入。

1976年1月と2月のアメリカのスプリングフィールドとロング・ビーチ公演が音源ですが、元ネタはアナログ・ブートの「ON THE WINGS RUSSIAN FOXBAT」です。1975年12月の日本公演から1~2ヶ月後、第4期パープルの最後のライヴを記録しています。
お馴染みの「BURN」から「HIGHWEY STAR」までの14曲、約2時間にわたっての演奏ですが、トミーも日本公演の時のような不本意?なプレイではなく、それなりのソロを聞かせてくれます。
リッチー時代の曲は、やや危うい演奏になりますが、「カム・テイスト・ザ・バンド」からの曲(GETT‘N TIGHTERやLOVE CHILD)ではトミーらしいギターで、ファンキーなパープルがここにいます。できればもっと、第4期の曲を多く収録してほしかったですが、リッチー期の曲が多いのが残念です。(2期の曲はどうしても比較してしまう)
第4期パープルのライヴはツアー当初のニュージーランド~オーストラリア公演がいいとのことなので機会があれば聞いてみたいですね。
この時期、薬物中毒でグレン・ヒューズとトミー・ボーリンがヤバイ状態だったということで、演奏の出来不出来も2人に左右されていたようですが、特筆すべきは、デヴィッド・カヴァーディルのヴォーカルでしょう。最高です。
しかしこの後、バンドは3月にイギリス公演を行い、リヴァプールにて終焉となります。
公演終了後、カヴァーディルは涙を流しながらジョン・ロードに脱退を告げ、イアン・ペイスも続いたとのことです。その後はご存知の通り、グレンは90年代に復活しますが、トミーは解散から8ヵ月後に帰らぬ人に・・・
さらにその後、パープルも黄金期(1番売れた2期)メンバーで復活しますが、70年代の輝きはなかったように感じます。

Deep Purple / LIVE IN CALIFORNIA LONG BEACH 1976

1. 紫の炎
2.レディー・ラック
3.ゲッティン・タイター
4.ラヴ・チャイルド
5.スモーク・オン・ザ・ウォーター~ジョージア・オン・マイ・マインド
6.レイジー
7.ザ・グラインド

1.ディス・タイム・アラウンド
2.トミー・ボーリン・ギター・ソロ
3.嵐の使者
4.ハイウェイ・スター~ノット・フェイド・アウェイ
5.スモーク・オン・ザ・ウォーター~ジョージア・オン・マイ・マインド
6.ゴーイング・ダウン
7.ハイウェイ・スター(ヴァージョン2)
by nakaji411311 | 2013-03-05 00:33 | 新品CD

3月は決算月!机の中もサイフの中も整理整頓

ブログを始めて4ヶ月あまりが経過しますが、ようやく80本目の記事となります。
ここまでお付き合い頂きありがとうございました。ホントに飽きっぽい性格で、文才の無い自分が、今日まで続けられたことに驚いていますが、これも皆様のおかげだと思っています。
新作記事が無くても、来て頂いている方がいらっしゃるのはうれしい限りです。

ということで、コメント頂ける方は少ない(ほとんどいない)のですが、近しい方からは感想が届いております。特に「ヱヴァンゲリヲン」の記事に関しましては、「甘い」「浅い」「意味がわからん」など直接もしくはお手紙でご意見を頂き、自分なりに反省と・・・書くんじゃなかったという後悔と・・・そんなもん、詳しくないんだから仕方ないじゃんなどと・・・開き直っています。
(鉄人28号やマジンガーZの世代ですから)
それはそうと、緑レンジャーさん当ブログの為に、投資ありがとうございました。ネタ作りに使わせていただきます。RUSH好きのNちゃん、頂いたDVDで何時か記事にさせて頂きます。

前置きが長くなりましたが、今月は会社の決算月のため、総務取り置きブツの一掃をしなくてはならず、全てお買い上げでございます。(最近のネタは大雑把だと思いますが・・・)
b0287042_0134210.jpg

購入ブツの感想は、鑑賞後に少しずつ記事にしたいと思います。

しかしながら、今月の到着ブツはまだ「ジミ・ヘン」「ロイ・ブキャナン紙」「バンプ・ライヴ」「スティルス・アンソロジー」「トム・トム・クラブ」「アトランタソウル1000」等がありますのでどうなることやら。
by nakaji411311 | 2013-03-02 00:15 | 新品CD