キング・クリムゾン ヒーローズ〜トリビュート・トゥ・デヴィッド・ボウイ



過去にレコードやラジオで曲を聴き親しんだミュージシャンやプレイヤーの訃報を聞くたびに淋しい思いを感じている方々、特に同年代の方に多くいらっしゃると思いますが…
私はTwitterなどでトレンドの中にそういったミュージシャンの名前を見る度にドキドキしてしまうのですが。これだけネットnewsが早いと心の準備もできませんね。
そんなことを言ってるそばで…先週はグレッグ・オールマンが逝ってしまった。涙………
b0287042_21271646.jpg

2016年の年明けにデヴィッド・ボウイが亡くなってからもう1年半も経つんですね。
新しいアルバムが発表された直後だったので、その衝撃も大きかった。
そんなデヴィッド・ボウイのトリビュートとして、まさかのキング・クリムゾン(フリップ先生にすれば必然かな)がベルリンの地で「ヒーローズ」を演るという音盤を見逃す事はないでしょう。
1977年、フリップ先生やイーノをバックにベルリンのハンザ・スタジオで録音された「ヒーローズ」ですが、その地ベルリンでの21世紀クリムゾンによる演奏に先生のボウイに対する想いを深く感じます。39年の時と共に甦った「ヒーローズ」はほぼ原曲通りですが、先生のギターやリズム隊の迫力が日本公演の時を彷彿させる素晴らしい演奏です。admiralspalastの会場のオーディエンス同様にstandingovationを送ります。笑笑
b0287042_21231910.jpg
他にもライヴ定番のスターレス、イージー・マネー、東京オーチャード・ホールでの平和、そしてトリプルドラムの真骨頂であるザ・ヘル・ハウンズ・オブ・クリムなど、Elements tourの音盤を補完する意味でも発表された価値も意味もある作品です。
もうすぐ、2017年のtour音盤が出ますがこの辺りはcutなのでしょうか。
あー今年の冬も来て欲しいな。


by nakaji411311 | 2017-06-04 21:28 | 新品CD
<< ザ・ビートルズ・LPレコード・... ジョージ・ハリスン 紙ジャケ... >>