スージー・クアトロ 『陶酔のアイドル』+2枚 Forever Young

今年は音盤収集よりも、ライヴを楽しむということを優先させていきたいと考えています。理由は大したことではないのですが、そろそろお気に入りのアーティストのライヴも見納めの年代になってきたのかな、なんて寂しい気持ちがあります。だって昨年でも多くのレジェンドなプレイヤーが旅立っていきました。そうした報せを知る度に、過去の来日時のライヴを見逃した、残念な気持ちが後悔となっています。昨年のクラプトンも自らツアーは最後と言ってたし、今回のポールだって次があるのか…
逆に伝説を観る事のできたアーティストは、深く頭の中に刻み込まれた思い出になっています。
武道館の遠くから見ていた、ジョン・ボーナムやコージー・パウエル、フレディ・マーキュリー、サンプラザでのボブ・マーリー、ローウェル・ジョージ、ロリー・ギャラガー、レーナード・スキナードのロニーやスティーヴなどもう2度と観られないと思うと残念な気持ちもありますが、1度だけでも生で観られてよかったという気持ちです。

ですから体験してこようと……勝手な理由付けで今のところチケットを手に入れたのがCS&Nと、初になりますがオーチャード・ホールのオリビアです。ポールは日程にもよりますが、東京ドームを捨てて、武道館を信じてこれ一本でいきます。(GWに被らなければいいのですが)…又、以外にブルーノート東京やコットンクラブでも観たいコンサートがあるんですよ。最近で行けなくて後悔したのが、ラリー・カールトンと、スティーブ・ルカサーのジョイントです。知らなかった…

話は変わりますが本日、開封したのが昨年末に購入したまま放置していたCDです。
b0287042_17441765.jpg
私が中学生時代の人気女性ロック・アイドル?でしたスージー・クアトロの旧譜が2011〜2012リマスターで再発となりました。
フォーエバー・シリーズということでお値段安めの本体価格1,400円で発売です。
当時は、あの可愛らしいルックスに黒やシルバーのジャンプスーツにベースを抱えて歌うスタイルが格好良く、ラジオのヒットチャートでも連続してヒットするというまさに全盛期でした。74年〜78年まで連続で来日しているくらい当時の人気はすごく、本人も日本好きで、来日した際にはバンドのメンバーでギタリストのレン・ターキーと和式で結婚式を挙げたなんてミュージック・ライフにも載っていたのを覚えています。
音楽的にこの3作はストレートなR&Rが中心で、ポップかつハードな曲もあるけど、ビートルズやエルヴィスのカヴァーもあり、どちらかというとヒット・チャートを意識したプロデューサーのミッキー・モストの戦略が成功した例かな…なんて思います。
4作目の「クアトロ白書」以降は更にポップな曲が多くなってくるのですが、この辺りから人気に翳りが出てきたように覚えています。
そんなスージーですが、今年で65歳になりますが、昨年に続き4月に来日公演があります。というの昨日知りました。吉祥寺で2日間ですが4月は参戦は厳しいですね。来年に期待しましょうね〜





by nakaji411311 | 2015-02-15 22:13 | 新品CD
<< コンサート雑記 『クロスビー... THE BEATLES 紙... >>