THE BEATLES IN MONO~BOXの行方と?の対応

 前回の続きですが、やはりどうしてもこのBOXを手放したくないので、問題の付属品なしの「SGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND」を無理は承知で、販売店「A」へ単品との交換を持ちかけたけのですが、交渉した翌日に「ご要望にはお応えできません。返金対応になります。」との回答を受け、それでも・・・粘ってみたものの、これ以上は無理かなということで販売店への交渉は打ち切りました。(近くで聞いていた家内や娘に押しが弱い。もっと強い口調でクレームを入れなきゃと言われましたが・・・) 性格からきているのでしょうが、面倒くさい。
 ということで、バカですね。完品が欲しいがために単品で、買ってしまいました。

b0287042_00225530.jpg

 あとで冷静に考えれば、無駄な出費と判るのでしょうが、先週から仕事の疲れで、考えることに疲れていることや返品とかの手間が面倒なのも一因です。まあ1枚は保存版にでもしましょうか。それとも会社の後輩にでもプレゼントしましょうか。

 そんなことより、この「サージェント・ペパーズ~」MONOを、現在聞いていますが・・・部屋の中での雑音をシャットアウトして、一音一音を確認するぐらい聞き入っています。・・・・一言で「素晴らしい」☆印を5個並べてもいい評価をしたいです。今までのこのアルバムは、多くのファンから彼らの最高傑作、ROCKの金字塔などとビートルズの代表作として挙げられる1枚といわれていますが、私の中の最高作は10代の頃から「ラバー・ソウル」であり無人島に持っていくなら、飽きが来ない「白アルバム」というのが定番でした。
 しかし、これがMONOの凄さなのか「今まで聞いてきたのはいったい何」状態です。今回のBOX全てを聞き終わったわけではないですし、オリジナルMONOを聞いた事もないので、大袈裟に聞こえるかも知れませんが、MONOビギナーはそれでも書きたい。
先に聞いた3枚同様にMONOがゆえの音バランスが非常にいいというか、楽器のポジショニングがはっきり、すっきり聞こえます。特にポールのベース・ラインが絶品の「ラヴリー・リタ」など、昔ならオープン・リールにて音を拾うなどコピーに苦労したことなど笑い話ですね。ジェフ・エメリックのドキュメントの通り、やはりこのアルバムはポールやジョンがレコーディングする都度、新しいアプローチで挑んだというだけあって、奥深いものなんですね。音の情報の多さに改めて驚きました・・・というか今頃、この作品の入り口に立った気持ちです。
 
 はい!  2枚買っても後悔しない凄いアルバムです。(半分)負け惜しみです。

b0287042_00232953.jpg
            今回はちゃんと有りました。 これが普通!! 
 

by nakaji411311 | 2014-09-19 00:28 | レコード
<< クイーン 『ライヴ・アット・ザ... ザ・ビートルズ 『MONO L... >>