ニルス・ロフグレン 紙ジャケ7枚

 まあ、こんなことはそうそうあることでもないでしょうが・・・
ポールの再来日公演が5月に決定しましたね。巷では噂になっていましたが、あの東京ドーム公演から僅か半年ですから信じられません。しかも屋外である国立競技場ということは、演出も期待できそうですね。それと噂が本当なら”武道館”もあるのでしょうか。追加発表があるかもなんて。1980年の幻のWINGSライヴのリベンジを更に期待しています。はい!もちろん先行申し込みは済ませました。
どうなることやら

 3月もそろそろ終わりに近づいていますが、年度末はいつも忙しいのです。さらに今年は消費税対応や取引先との精算問題やら、とどめは人事異動。どうでもいいですが・・・
 さて計画性の無い性格が仇となり、注文していたCDが一気に届いてしまいました。まだ1月、2月購入音盤も聴けてないのに・・・

 本日はその中から待望のCD再発であり初紙ジャケとなりましたニルス・ロフグレンの紙ジャケ7枚です。
b0287042_23581893.jpg

 まだ全ては聴いていませんが、アナログで所持していながら、ほとんど処分してしまい長い間後悔していた音盤でしたので感涙ものです。
 特にライヴに定評のあるニルスなので、「稲妻の夜」「バック・イット・アップ/公式ライヴ・ブートレッグ」でのプレイは必聴ですね。彼のギター人生はジミヘンのライヴで洗礼を受け、ニール・ヤングとの出会いからプロ・デビュー、70年代~80年代に発表した作品は内容は素晴らしいですが、セールスはイマイチ。その後ソロ活動とともにブルース・スプリングスティ-ンのEストリートバンドへの参加は驚きでしたが・・・
 「稲妻の夜」は既発のCDは1枚(アナログは2枚組)モノでカットされた曲や短く編集された曲などありましたが、今回発売の盤は全てフル収録の世界初CDとなっておりストレスが解消されています。(最初の告知ではボーナストラックもありとあったのですが、実際はありません。)
 ていうことでニルス好きな方はお奨めです。でもユニバさんなのでSHM仕様でお値段はそこそこです。
 まあしばらくはニルスの音盤不思議な旅を満喫していきます。(失礼しました!)大雑把なご紹介でどうもすみません。





 
by nakaji411311 | 2014-03-27 23:59 | 新品CD
<< バッド・フィンガー 『涙の旅路』 ザ・ローリング・ストーンズ 『... >>