LED ZEPPELIN 『祭典の日(奇蹟のライヴ)』 帯付きアナログLP

 外は一面雪景色・・・なんて状況ではないほどの積雪です。先週、雪かきをしたばかりなのに。
また、今週末も家でじっくりと過去の購入物の開封をしていきます。

ということで、これは月曜日の会社帰りに購入した。一品です。過去のご報告にもありますが、またまたTSUTAYA某店が行なっている、20%~80%OFFセールで入手した
b0287042_13425675.jpg

 LED ZEPPELINの『祭典の日(奇蹟のライヴ)』帯付きアナログLPです。
Blu-ray+CDは発売当時に購入済みなので、内容は判っていますが、アナログ世代のファン心理からすればこれも欲しいと思っていました。
 昨年の3月発売ですが、こちらの店で見かけたときから気にはなっていましたが、定価で購入するほど小遣いにも余裕はなく、セール品になるのを期待していました。(あいかわらずセコイです。)定価8,800円ですが、50%OFF並びにポイントを使って3,800円で入手。

 早速開封しましたが、輸入盤の国内流通仕様なのでシュリンクの上に帯が巻かれその上にまたシュリンクされていて、帯をはずさないと中身が出せない上に結構きつく帯が巻かれているので、外す時に帯が破れないように気を付ける必要があります。
 ブックレットはLP大になっているのと、日本語解説の一部がアナログ盤についての説明となっているぐらいの違いですかね。
b0287042_13434337.jpg

 LP盤は3枚組180g重量盤で内袋も3枚入っています。肝心の音の方は、私の安価なアナログ再生機器で再生しても、CD盤との印象とは違うものです。あくまでも個人の印象ですが、全体的に音が平坦であり、CDよりも各プレイヤー音の強弱が少ないような・・・奥行きがない分、ヴォーカルとの音のバランスがいい気がします。やっぱりLPレコードに親しんでるからかも知れませんが、私自身の耳とは相性がいいです。(曖昧な表現でごめんなさい)
 特に、LP2枚目SIDE2での「貴方を愛しつづけて」と「幻惑されて」では強くアナログの違いを感じました。
 収録内容は今更説明するまでもなく、2007年12月のロンドンO2アリーナでの復活ライヴですが、もう6年以上前になるんですね。なかなか演奏状態も良く、ジミー。ロバート、ジョン・ポールは基よりジェイソン頑張ってますね。
 実は私の生ライヴ初体験は中学生の時の1972年のZEPPELIN武道館公演なんですが、正直当時は、友人のつきあいで行ったコンサートでしたのでZEPPELINの良さが全然わからず、やたら演奏時間が長かったことと、ジミー・ペイジの奇妙な動きと音空間(弓で指す方で音が反響する)が印象的でした。(もっと見所があったと数年後に後悔しますが・・・)

 この品以外にも、ストーンズの「GRRR!」(輸入盤3枚組)を980円で購入しました(公演の予習を兼ねて)。国内盤のDX盤も50%OFFでしたが、これからの散財を考えこちらで我慢しました。
 余談ですが、いつも無駄使いが多いと怒られている。奥さんにご機嫌取りのため、嵐の新譜を購入したところ、「頼んでいない」と一蹴されました。もう2度と買ってきません。
 
by nakaji411311 | 2014-02-15 13:49 | レコード
<< ザ・ホリーズ SHM 紙ジャケ... センセーショナル・アレックス・... >>