ステイタス・クォー 『烈火のハード・ブギー/ライヴ・イン・ジャパン』

 ストーンズの3/4ぴあ先行分だけ、チケットの引き換えに行ってきました。
あまり期待はしていませんでしたが、席位置はアリーナのDブロックでした。アリーナの後方は微妙というのか、ステージが見づらいんですよね。まあ楽しんできましょう。

 無理やりコンサート繋がりですが・・・70年代頃から数多くのバンドが来日して、コンサートを行なった際にライヴ録音した音源を発表するなんてことが多くありました。有名なとこではディープ・パープル「メイド(ライヴ)・イン・ジャパン」、サンタナ「ロータスの伝説」や「BB&A」などなど・・・チープ・トリックで武道館なんて有名になりましたね。当時は日本に限らずライヴ・アルバムが多かったと思います。しかも2枚組なんて

 そんな中、プレス数もそこそこでアルバムも、ほとんど陽の目に当たらずCD化されることもなかった音盤として発売になったライヴ・アルバムがこちら・・・
b0287042_215450.jpg

 ステイタス・クォーの『烈火のハード・ブギー/ライヴ・イン・ジャパン』(Tokyo Quo)です。
昨年、他のスタジオ盤も再発になったステイタス・クォーですが、そういえばこのアルバムも懐かしく、ジャケットは覚えていましたが、購入することはなく実際中身は聞いたことありませんでした。
 1976年11月17日の中野サンプラザ・ホールでの2度目の来日公演の模様ですが、当日全15曲演奏された中から、9曲が収録されています。
 1曲目の「今が最高」から全開です。ストレートなハード・ブギーはスタジオ以上のノリで熱い演奏が続きます。サンプラザなのでオーディエンスの声、手拍子も身近に聞こえライヴの臨場感と録音状態も良く、最盛期のQuoを聞くことができます。
 このアルバムは日本のみの発売だったのですが、発売直後にUK盤「クォー・ライヴ」が出た為にすぐに廃盤になったとの事で「幻のファースト・ライヴ」アルバムらしいです。(ライナーより)

 私自身、クォーのライヴはフィルム・コンサートでしか体験していないのですが、生で観たかったですね。

 次回の記事も「ジャパン・ツアー」からの音盤で・・・・


ステイタス・クォー 『烈火のハード・ブギー/ライヴ・イン・ジャパン』

01. 今が最高
02. リトル・レディ
03. モースト・オブ・ザ・タイム
04. レイン
05. キャロライン
06. ロール・オーヴァー・レイ・ダウン
07. ビッグ・ファット・ママ
08. ドント・ウェイスト・マイ・タイム
09. バイ・バイ・ジョニー
by nakaji411311 | 2014-01-19 21:08 | 新品CD
<< B.T.O 『ジャパン・ツア... クロスビー、スティルス&ナッシ... >>