エリック・クラプトン 『ギヴ・ミー・ストレンクス~‘74/‘75レコーディングス』

 2014年2月にエリック・クラプトン20回目の来日公演が行なわれますが、初来日から40年。感慨深いものがあります。
 74年、75年の来日公演、共に1ステージづつ行きましたが、記憶が曖昧でして「スマイル」で始まったのが74年、「レイラ」で始まったのが75年・・・でしたっけ。バンドのメンバーも同じだったような、エクスプローラを弾いていたのは・・・
ということで、当時の記憶を呼び起こしてくれそうな音盤がこちら
b0287042_284316.jpg

 エリック・クラプトンの『ギヴ・ミー・ストレンクス~‘74/‘75レコーディングス』です。
昨年の『スローハンド デラックス・エディション』と同様に『461オーシャン・ブルーバード』と『安息の地を求めて』、それと「E.C.Was Here」の未発表曲を含めた豪華6枚組(Blu-ray1枚)の音盤です。

 スタジオ盤の2枚はオリジナル曲の他に、未発表曲であるボーナス・トラックを数曲含んだ内容ですが、過去の編集モノ、箱モノにも入っている曲がチラホラあり。
 ですが、今回のお目当てはライヴの未発表テイクでしたから、期待値が高いのもこちらの方です。
もともとオリジナルの方は、曲数が少なくスタジオより、ブルース色が強いこともあり、全編を通して聞きたいと思っていたのですが・・・やっと初来日でのライヴと重なる音を聞くことができたような気がします。ただその時よりも選曲を見ても、ブルース曲が多く、音盤の方がギターを弾いてますねーー
b0287042_292863.jpg

 復活後のクラプトン・ライヴですが、73年の「レインボー・コンサート」と比較してはいけないと思いますが、しっかりとした演奏でいいライヴ盤です。もっと聞き込みたいと思います。
 今回購入したのは輸入盤です。正直に国内盤との価格差が大きいですよね。半分以下の6192円ですから・・・

 そういえば、来年の来日公演ポスターがかっこいいです。このライブ頃のクラプトンですね。
b0287042_2102953.jpg

 74年の時はパンフを買ってなかったようです。こちらは75年の時です。

最後の来日公演との話もありますが、何年か前にもそんな話があったように記憶してます。それからもアルバムやライヴなど精力的に活動していますから、今回も噂でしょ・・・そう思いたいです。
by nakaji411311 | 2013-12-28 02:11 | 新品CD
<< ザ・フー 『さらば青春の光 オ... LED ZEPPELIN ... >>