ザ・キンクス 『マスウェル・ヒルビリーズ』 デラックス・エディション

 そうですか。来年2月ですか。初来日から40年・・・神様も70歳・・・最後なんですかね。
ブツブツ・・・・祝 エリック・クラプトン20回目のジャパン・ツアーですか。

 74年の初来日はドキドキものでした。九段下の地下鉄を降りて、地上への階段を上って同じ方向に歩く人達とともに、そして何時間後には神様を拝めると・・・しかしコンサートの内容は75年のそれと記憶がゴチャゴチャになっていまして・・・エクスプローラを抱えていたのはどちらだっけ
なんて、もうボケてます。
 それから翌年、77年、79年と来日の回数が増すごとにドキドキ感は薄れていき、80年代に入ると違う神様に乗り換えてしまいました。
 最後なら行こうかななんて思っていますが、さてどうしたものか。40年経過して、チケット代金も当時の4倍ですね。
b0287042_0335329.jpg

 全く関係なく、ザ・キンクスの「マスウェル・ヒルビリーズ」デラックス・エディションです。
このキンクスのデラックス・エディションは全て購入していますが、本当にキンクス・・・が好きなんですね。何回目の買い替えでしょうか。メーカーの策略にはまってます。

 60年代のパイ・レコードとの契約を70年に終え、新たにRCAレコーズに移籍しての最初のアルバムとなります。ここには、<ユー・リアリー・ガット・ミー>も無ければ、ロンドンのテムズ川の風景を歌った曲もなく、アメリカン・フレイヴァー全開のブルーズ、カントリーやホーン・セクションをいれるなど、70年代キンクスを期待させる音が詰め込まれています。
 レイ・デイヴィスの詩世界も人間世界の非衰をリアリティをもって表現しています。レイの対訳って難しいと思うんですけど・・・十分伝わってきます。

 2枚目のボーナス・トラックはBBCのライヴや収録曲の別ヴァージョンなど、ファンには貴重な音源でしょう。どちらにしてもこのシリーズは好きな企画です。
 ところでこのシリーズ「ローラ対パワーマン~」は抜けていますね。「パーシー」も
できれば全て揃えたいですね。

それでは、おやすみなさい。


ザ・キンクス 『マスウェル・ヒルビリーズ』 デラックス・エディション


ディスク 1
01. 20世紀の人
02. パラノイア・ブルース
03. ホリデイ
04. 骨と皮
05. アルコール
06. 複雑な人生
07. 灰色の制服を着た奴ら
08. お茶をどうぞ
09. はかない監獄
10. オクラホマU.S.A.
11. アンクル・サン
12. マスウェル・ヒルビリー


ディスク 2
01. ラヴェンダー・レイン (未発表) (BONUS TRACKS)
02. マウンテン・ウーマン (BONUS TRACKS)
03. お茶をどうぞ (オルタネイト・ヴァージョン) (未発表) (BONUS TRACKS)
04. マスウェル・ヒルビリー (1976リミックス) (BONUS TRACKS)
05. アンクル・サン (オルタネイト・ヴァージョン) (未発表) (BONUS TRACKS)
06. ケンタッキー・ム-ン (BONUS TRACKS)
07. ノーバディズ・フール (デモ) (未発表) (BONUS TRACKS)
08. 20世紀の人 (オルタネイト・インストゥルメンタル・テイク) (未発表) (BONUS TRACKS) 09. 20世紀の人 (1976リミックス) (BONUS TRACKS)
10. クイーニー (インストゥルメンタル・バッキング・トラック) (未発表) (BONUS TRACKS) 11. パラノイア・ブルース (BBCヴァージョン) (BONUS TRACKS)
12. ホリデイ (BBCヴァージョン) (BONUS TRACKS)
13. 骨と皮 (BBCヴァージョン) (BONUS TRACKS)
by nakaji411311 | 2013-10-08 00:40 | 新品CD
<< ザ・バンド 『南十字星』 SH... ザ・ビージーズ 『オデッサ』 ... >>